SEの仕事の目標設定例【5つのプロセスと4つの分野でレベル上げ!】

SEの仕事の目標設定例【5つのプロセスと4つの分野でレベル上げ!】 SE
こんな人へ!
  • 仕事の目標設定に悩むSEのみなさんへ!
  • 次のレベルを目指すSEのみなさんへ!
若手SE
若手SE

またきたよー、仕事の目標設定の季節が。。どうも苦手で、毎回、やっつけでこなしてる。上司のダメ出しもうざいし。うまくやる方法ないかな・・・目標の具体例が知りたい。

こんにちは!たけしです。

元SE、キャリア10年のわたしが!自分の経験と知識を総動員して説明していきます。

この記事を読めば、目標設定のプロセスが理解できる!次のレベルに上がるための、具体的な目標が設定できる!

SEの目標設定には5つのプロセスが必要

  1. 自分のスキルレベルを知る
  2. 4つの目標設定分野を理解・網羅
  3. 目標の数値化・定量化を理解
  4. 組織とチームの目標を理解
  5. 次のレベルと分野を決めて、具体的な目標を設定

前半3つは、誰にでもあてはまる一般的なこと。SEが100人いても全員同じです!

後半2つは、会社、組織、あなたの状況によって変わること。SEが100人いたら全員違います!

それぞれ、順番に解説していきます。

自分の今と次のスキルレベルを知る

あまり知られていないと思いますが、SEの仕事は、標準的なスキルレベルがあります。経済産業省によると・・・

レベル1 … 新人・初級者レベル/仕事に慣れ始めたレベル
レベル2 … 上位者の指導のもとに仕事ができる若手人材レベル
レベル3 … 独立して仕事ができる中堅人材レベル
レベル4 … 部下を指導できるチームリーダーレベル
レベル5 … 社内での指導者・幹部レベル
レベル6 … 国内で著名なレベル
レベル7 … 国際的に著名なレベル

出典:IT関連産業の給与等に関する実態調査結果 平成29年8月21日 経済産業省

まあ、SEじゃなくても当てはまることですね。

で、レベル6以上ってなんだよ・・・(笑)なので、無視します。一般的にこれくらいの年次が、各レベルに該当するはず。。

  • レベル1 … 1年目~2年目
  • レベル2 … 3年目~5年目
  • レベル3 … 6年目~9年目
  • レベル4 … 10年目以降
  • レベル5 … 15年目以降

いま、あなたはどのレベルにいるか。次のレベルに上がるには何をすべきか。具体的な目標を定める必要がある。

ただ、その前に、具体的な目標は、4つの分野に分かれる。次に、これを理解しましょう!

SEの仕事の目標設定は4分野を網羅

SEには、目標設定の分野として、大きく4つあります。これらを網羅的にあなたの仕事の目標に設定する必要がある。

  1. 実績系(例:プログラミング実績、プロジェクト完了実績)
  2. 技術系(例:資格取得、新言語の習得)
  3. 業務知識系(例:ユーザー業務の知識習得、ユーザー業界の資格取得)
  4. 一般ビジネス系(例:ドキュメンテーションスキル)

なぜなら、SEには、総合的なスキルが求められるから。プログラマーであれば、実績と技術だけでも、なんとかなるかも。。

お客さまの業務知識のことは、SEが知ってればいい。プレゼンテーション能力はあまり必要ない。バグのないコードさえ作れればいい。

でも、SEはそれじゃあダメ。上の4つが全て必要。そうじゃないと、前の章で説明した、レベルを1つ上げることはできない。

4つの分野の具体的な目標事例は、最後に説明します。

SEの仕事の目標はなるべく定量化

SEに限った話しではないが、目標はなるべく、数値化した方がいい。定量化、定量目標とも言われる。その逆が定性目標。

SEに限った話しでじゃなけど、その方が、目標が具体的になるから。評価も客観的になるから。

上司や会社にも評価されやすい。記録に残しておけば、転職時にも実績を証明できる。この2つの例を見比べれば、一目瞭然ですよね・・・

<定量目標の例>
プログラミングを3か月で、5000ステップ生産する。テストケースを100件消化する。リリース時の不良を0に抑える。

<定量実績の例>
コーディング5500ステップを、期限内で、仕様通りに完成。テストケース110件消化。リリーストラブル0、問題なく稼働。目標達成!

<定性目標の例>
プログラミング作業を効率化して、リーダーに満足してもらう。余裕があれば他のメンバーの作業を手伝う。

<定性実績の例>
作業が早くなったとリーダーに評価された。実際に、余裕が生まれたため、他のメンバーをフォローした。目標達成!

SEの個人目標は、組織目標から決まる

自分の目標設定の前に、自分が所属するチームや組織の目標を理解することが不可欠です。

なぜなら、あなたが会社員だから。。会社は、人が集まって、協力し合って、ミッションを達成している。

お客さまや社会に貢献して、利益を上げている。あなたはその一員。会社の目標と、全く方向性が違う目標を立てるとどうなるか。

当然、全く評価されない。とはいえ、若手社員が、会社の目標を知ったところで、自分の目標には落とし込めない。こんなこと言われても・・・

<今期の全社目標>

  • 売り上げ50億!
  • トラブル件数5件以内!
  • 生産性20%向上!

なので、部や課の目標だけ意識すればいい。会社の目標を、部や課の目標に落とし込むのは、部課長の仕事。あるいはチームリーダー、プロジェクトリーダー。

自分にできそうなことを探して、目標設定する。

ここまでで事前準備は完了!

次の章で、各分野で、具体的に設定する目標の事例。なるべく定量的な目標を紹介します。

SEの仕事の目標例【4分野の具体例】

実績系分野の目標設定例

先ほど紹介した、スキルレベルが高くなるにつれて、下の方の実績を意識するようになる。これは後に続く分野も同じ。

  1. プログラミング実績
  2. テスト実績
  3. 設計実績
  4. プロジェクト完了実績
  5. チーム・組織目標達成実績

<定量効果の事例>

1.プログラミング実績

プログラミング本数、ソースコードのステップ数、コーディング不良除去数

2.テスト実績

テストケースの件数、対象の機能数、対象プログラムの本数、設計不良除去数

3.設計実績

対象の画面数、機能数、ファンクションポイント、設計書のボリューム

4.プロジェクト完了実績

プロジェクトの規模、総投資額、スケジュール、投資対効果実績

5.チーム・組織目標達成実績

生産性向上、完了プロジェクト件数、総投資額、顧客満足度調査実績

技術系分野の目標設定例

技術系は量の多さを目標とするよりも、具体的な名称を定めるべきですね。

  1. 資格取得
  2. 新言語の習得
  3. 研修受講
  4. 開発ツールの導入
  5. 技術分野の変更
  6. 新技術基盤の導入
  7. 新技術サービスの導入

1.資格取得

情報処理技術者資格、ORACLE、Microsoft、AMAZONなどのベンダー認定資格

2.新言語の習得

JAVA、C、SQL、PHP・・・

3.研修受講

プログラミング研修、AWS研修、セキュリティ対策研修

4.開発ツールの導入

テスト自動化ツール、マニュアル自動作成ツール、プロジェクト支援ツール

5.技術分野の変更

アプリケーションエンジニア→基盤エンジニア、フロントエンド(画面系)→バックエンド(業務処理系)

6.新技術基盤の導入

クラウド化、セキュア化、仮想化、新クライアント化

7.新技術サービスの導入

RPA、モバイル対応、チャットボット、AI、ビッグデータ、ブロックチェーン

業務知識系分野の目標設定例

  1. ユーザー業務の知識習得
  2. ユーザー業界の資格取得
  3. ユーザー業務改善提案

1.ユーザー業務の知識習得

業務フロー図整理、用語集整理、業務マニュアルの整理

2.ユーザー業界の資格取得

ファイナンシャルプランナー、証券外務員、簿記、

※わたしは、証券会社の子会社のユーザー系SEでしたので、「証券外務員」を持っています。

3.ユーザー業務改善提案

企画書作成・提案の件数、案件化の件数、改善効果実績、削減時間、収益金額

一般ビジネス系分野の目標設定例

これはさすがに数が多いので、もう一段掘り下げるに留めます・・・

  1. コミュニケーションスキル
  2. タスク管理スキル(自分→メンバー)
  3. ドキュメンテーションスキル
  4. ファシリテーションスキル
  5. プレゼンテーションスキル
  6. 組織マネジメントスキル
  7. 営業スキル
  8. 評価スキル
  9. モチベーション管理スキル
  10. アンガーマネジメントスキル
  11. 労務管理の知識
  12. コスト管理スキル
  13. 要員調達管理スキル
  14. 契約の知識・スキル

といっても、漠然としすぎているので、1つ目だけ目標設定の例を挙げます。若手SEの例、中堅SEの例をそれぞれ・・・

1.コミュニケーションスキル

<若手SEの目標例>

  • 成果物の構成レベルが決まった完成度10%の段階で、必ず、リーダーに確認してもらう
  • これにより作業の手戻りをなくす

<中堅SEの目標例>

  • メンバーとの意思疎通を定期的に図るため、毎朝、定例会を主催
  • 会議後、決定事項や持ち帰り事項を簡易議事録にして、メールで展開
  • その日は、そのメールを起点として、メンバーと情報交換
  • コミュニケーションの効率化と活性化を実現

SEの仕事の目標設定事例のまとめ

では、まとめです。5つのプロセスと4つの分野をおさらい!

<SEの目標設定の5つのプロセス>

  1. 自分のスキルレベルを知る
  2. 4つの目標設定分野を理解・網羅
  3. 目標の数値化・定量化を理解
  4. 組織とチームの目標を理解
  5. 次のレベルと分野を決めて、具体的な目標を設定

<SEの目標設定の4つの分野>

  1. 実績系
  2. 技術系
  3. 業務知識系
  4. 一般ビジネス系

では、以上となります。
次の目標を具体的に定めて、長期的に取り組めば、必ずレベルアップできますよ!

– END –

コメント

タイトルとURLをコピーしました