退職ブログ!本日4/30をもって17年間勤めた会社を辞めました~仲間たちよ!ありがとう!そしてさようなら!~

退職ブログ!本日4/30をもって17年間勤めた会社を辞めました~仲間たちよ!ありがとう!そしてさようなら!~ 脱会社

こんにちは!たけしです。

本日、2020年4月30日を持ちまして、新卒入社から17年間勤めた会社を退職いたしました。

これが、ブログを始めて69記事目!

これまでは、役に立つこととか、PV伸ばしたいとか少しは考えて書いてきたけど。。

今回だけは違います!

ただただ、書き残したいことだけを書きます!

でも明日からは、またちゃんとした記事を書きます。本日だけお付き合い下さい。

17年間勤めた会社とキャリア

大手証券会社のシステム開発子会社。
親会社のシステム開発だけを行う会社。

職種はシステムエンジニア、いわゆるSE。
だけど、キャリア終盤はエンジニアじゃないですね。。

入社から退職までのキャリアを簡単に。。

・17年前~新人から2年目まで~
新卒入社、駆け出しSEとしてプログラミング、設計に従事

・3年目から6年目
初めて超大型プロジェクト、十数億規模に参画。1チームのリーダーを任される。
そこからリーダー業務歴任。

・7年目~11年目
親会社である大手証券会社に出向。
営業本部で、営業店をサポートする業務。
営業企画を推進する業務を担当。
この時期はSEではなくなる。

12年目~17年目
世間一般でいう課長の役職。
上と合わずにストレスを抱える。

入社から退職までをじっくり振り返る~17年の歩み~

入社の経緯

都内の中堅私立大学に通う4年生の春。
なんとなく就活開始。

やりたいことも特になく、自己分析、業界研究なんてもちろんやらず。

なんとなくSE?なんとなくコンサル?なんとなく大企業?っていう状態で有名企業をひたすら回る。

マイクロソフト、IBM、アクセンチュア、日立製作所・・・もちろん、全滅。。

しかも集団面接で、意識高い高学歴集団に圧倒される。内定ゼロのまま、GWを超える。
さすがに大企業、有名企業は諦めることに。

そこからどうやって今の会社にたどり着いたのか記憶がない。ただ、OB面談、役員面接、の2回しかなかった気が。

この会社を選んだ理由は単純明快。
この会社からしか内定をもらえなかったから。

若手SEとしての下積み時代~新人、2年目~

入社して会社の寮に入った。
毎日同期や先輩達と酒盛りをしてすごく楽しかった。

仕事は、初めはプログラミング。
分からない人もいると思うけど、JCL、COBOL。

「仕事下さい」が口癖だったので、常時4案件くらいは掛け持ち。無意味に自分を追い込んでいた。その時の目標は、「とにかく早くプログラミングをやめる!」

2年目くらいから設計とか案件リーダーにシフト。リーダークラスの人と課長にプログラミング卒業を懇願。あっさり認められる。

そこからは、後輩やパートナー会社の上に立って案件を推進。

3年目の大きな転機~大規模プロジェクトを企画~

ここで大きな転機が訪れる。

親会社の合併により、システム統合プロジェクトに参画。それ自体は、まあ忙しくはあったけど。特に問題なく完了。

その後、さらに大きな仕事に挑戦することに。合併によって、足りないシステムが判明。外国証券や為替の残高を管理するシステム。

これを企画段階から担当することに。毎日のようにユーザー部署20名を集めて業務ヒアリング。

海外の現地法人(証券会社)や海外市場を含めた、注文や決済の流れを整理。知らないことばかり、課題だらけで、どこまでシステム化するかに頭を悩ます日々。

当時の部長と共に、なんとか100ページほどの企画書に整理。まずは、親会社のシステム部の担当課長と何度かすり合わせ。

そして、いよいよ運命の日が。

親会社のシステム部、ユーザ部の部長、担当役員向けにプレゼン。もちろんわたしが説明。いざ、本番!説明開始後30分経過。。

そこで、システム本部長、常務が・・・
「分かった分かった、もういいよ・・・!」
正直終わったと思った。でも逆の結果だった。

「お前の気持ちはもう十分分かった。OK、やれ!」

その後、喫煙所で、部長と役員にこう言われた。

「今年のトップセールスは間違いなくお前だ!」

会社員人生で一番うれしかった。

そこから、2年かけてそのシステムを開発してなんとか納品。途中何度か死にかけたけど・・・入院もした。。

リーダーSE時代、課長補佐~5、6年目~

5年目、6年目くらいは正直たるんでた。。

担当するシステムは、証券会社の発注系システム。最重要システムなので、トラブルは起こせないし、ある程度は緊張感持って対応。

でも、それまでさんざんトラブル起こしてきたから、ある程度ノウハウがあった。1年半くらい、リリースによるトラブルはゼロ。

課長も完全に私を信頼していたし。さらに、わたしもメンバーたちを信頼。相談に来た時だけ一緒に考えて、最終成果物だけチェックするだけ。

この時から、メンバーと昼夜逆転とまではいかないけど、リズムを逆にするように。

メンバーはある程度遅くまで仕事をして朝ギリギリに来る。なので私は、彼らがくる前の7時くらいには出社して成果物をチェック。相談のメールも返信。

メンバーは出社後、わたし待ちの状態がゼロになるよう心掛けた。

親会社出向時代~7~11年目~

ある時、役員に呼び出しがかかる。もうなんとなく嫌な予感はしてたけど・・・

「親会社に出向して。で、出向は断る権利ないから。だいたい1年半くらいかな」

ということで、親会社の営業本部。営業企画部門に出向することに。

着任日のことは今でも鮮明に覚えている。所属する子会社の部長と役員と共に、朝6:30に出社して挨拶回り。営業企画部長、営業本部長、副社長。

営業本部長は、朝から、当時の築地(?)で買ってきた寿司を食べていた。カップヌードルを食べながら・・・とんでもないところに来た予感がした。

挨拶回りが終わった時、一緒に回ってくれた役員がボソッとつぶやいた。。

「今月の仕事はもう終わり・・・」

出向時代の後半は、システム化を絡めた営業企画の仕事もしたけど。前半は、システム関係ない仕事をしていた。ほとんど転職みたいなもの。

環境も全然違う。この時、人生で初めて、「丸の内サラリーマン」ってやつを経験!

この時代、正直、直属の上司は厳しかった。そしてちょっと変人。ぶっちゃけ嫌われもん。仕事の要求がレベルが高くて、くらいついていくのに必死だった。

営業企画部署といっても、わたしみたいな若手、かつ営業経験なしのSEごときは、企画業務なんてできない。というか、企画業務なんてやってるのは課長以上。

下っ端は、上から言われたことを企画書に纏める。何百万、何千万という顧客の購買データを分析して、根拠データ・レポートを作る。

あとは、企画を進めていくときに、必ず、関連部署への根回しが必要になる。商品部、監査部、コンプラ部門、事務部門、広告審査部、システム部・・・打合せのセッティング、資料の準備、担当レベルでの事前調整が私の仕事。

最終意思決定の会議は、下っ端じゃ通用しないので、課長に同席してもらって説得してもらう。

この期間、会社員人生で一番モーレツに仕事してたかも。最近朝活が流行ってるみたいだけど、古いんだよ!って感じ。。

当時、わたしは毎朝4:30起床、5:10の始発に乗り、6:00出勤。証券会社の営業本部の朝は早い。といってもわたしが一番乗り。毎日オフィスの明かりを付けていた。

そして、6:00~9:00までの3時間が毎日の勝負タイム!この時間で必ず、成果物を1つ作っていた。そして、課長が出社して少し落ち着いたのを見計らって突撃!

撃沈しても全く問題ない。だって、まだ丸一日あるから。午後リベンジ。夕方リベンジ。で、その日にやること、というよりも、常に前倒し前倒しで、仕事をしてたのがこの頃。。

でもしんどかった・・・

出向の後半は、営業システムをリニューアルするプロジェクトが始まって、ユーザ部署の立場で参画。営業店に足を運んで意見を聞いたり。プロジェクトの終盤ではシステム研修の講師をやったり。

その仕事をなんとか終えて、約5年の出向期間が終了。予定の2年を超大幅に延長して。。ようやく戦場を退くことに、めでたく退官。。

SE管理職時代~12~17年目~

5年の刑期を終えて、システム子会社に戻ってきました。オツトメご苦労と言うことで、課長クラスのポストに就任。

この時代、約6年の前半は、もう楽でしょうがなかった。もうほとんど仕事してなかったかも。

メンバー10名くらいのリーダーだったけど。助さん角さんじゃないけど、右腕と左腕に、優秀な中堅社員を据えて。ほとんど、寝てたというか、メンバーと雑談。

数億単位の大規模プロジェクトは少しだけ手伝ってたけど、まあほとんど口出しせず。ちょっとやばい局面だけお手伝い。

上司、部長にも恵まれ。一切口出しされず。さらに、メンバーの異動などは必ず相談があり、わたしの意見を基本的には受け入れてくれる。「将来は部長を任せたい」と散々言われ。その気になっていた。

でも、毎日、大してやることがないので酒を飲みまくってた。体を壊した。膵炎になって3週間ほど入院。取締役、執行役員、部長、部下全員がお見舞いにきてくれた。

で、管理職時代の後半がしんどかった。退職前の2年間くらい。この時、会社の役職の中でも一番上になった。管理職のさらに上、上級管理職、みたいな。

ぶっちゃけ「早く部長にしてくれよ」って思ってた。お金がほしいとかそんなんじゃなく。少なくとも、部内30人くらいを最適な布陣に整える構想を持ってたし。部内ルールでなんとかできる範囲で、みんなが仕事しやすくできるアイデアをいくつか持っていた。でも、順番は回ってこなかった。

さらに、その時の部長がめんどくさかった。うざかった。ルール至上主義。会議大好き人間。資料は紙で持ってこい。おれはメールは見ない。バブル就職世代の典型例!

極めつけがこれ!定期面談で、部下達から言われた不満を全部自分の手帳にメモ。そして、なんと私との面談で!わたしに向かって読み上げる始末・・・正直、ほとんど無視してやった。会社もたまに休んだ。

このあたりから退職に向かって歩み始めた。

退職までの4か月の経緯

2019年の年末から会社に一度も行っていない。退職するまでの4か月間。初めは体調が悪いと言い休んでいた。休み初めの序盤は本当につらかった。

毎日酒を飲みまくっていた。12時間飲み、12時間寝る。そんな生活。意識が正常である状態を一切作らないようにしていた。上司から電話がきまくる。会社の人間が家に訪ねてくる。全部無視した。携帯の音もバイブを消した。そして、飲んで、寝た。

10日間以上休んだところで、診断書を持ってこいと言われた。会社の人事部に診療内科を予約してもらい、受診。「適応障害」と診断された。同時に「うつ病」まではいってないとも。

そこから有休と保存休暇を全て消化。勤続17年なので、保存休暇がMAXの50日貯まっていた。全部使った。

でも、医者の診断を受けてからは、会社からの連絡もなくなった。酒も減らした。このブログを2月中旬に始めた。

もう復帰する気は全くなかったので、キリのいい3月末にやめようと思い。3月下旬に会社に申し出た。と言っても、もう自分から連絡する気も起きず。会社の同僚に「言っておいて」と飲みながら、軽い気持ちで話したところ。人事部長に伝えてくれて、退職する運びとなった。

そして、手続きがいくつかあると言うことで、4月末、本日退職することとなった。

なお、わたしの役職で、自ら会社を辞めた人は、見たことがない。。

退職した理由

一番の理由。同じ会社、同じ仕事、同じ人、特に上。17年間・・・正直飽きた。ふとした瞬間に、凄く怖くなった。定年まであと25年、この会社に人生を捧げることに。

じゃあ自分で、何か副業でもやろうと思ったけど。副業禁止の会社だった。まあばれることはないけど、、特に収入が少ないうちは絶対に。なんか気持ちの踏ん切りがつかなかった。

退職金のことは全く考えなかったけど、貯金はさすがに把握している。生活するだけなら、2、3年は生きていける貯えがある。実際、退職金加えれば5年くらいは。

初めの1年くらいは全く稼げなくてもいいかな。くらいの気持ちで、何かに挑戦したいと思った。

はい、このブログはもちろんまだ収益ゼロ・・・

退職して得たもの

・「辞めれる」「変えれる」「人生やり直せる」という実感

会社は辞めされてくれないと思い込んでいた。でも、意外とあっさり辞めることができた。そう、、法律で決まってる。雇用契約は、労働者からの申し出があれば解約できる権利がある。そんなことも知らなかった。

17年拘束され続けた「会社員生活」。こんなに簡単に「辞めれる」とは。「変えれる」とは。これからも我慢することだけはよくないことが分かった。ダメだったら、辞めることができる。変えることができる。

そして、「人生やり直せる」。もちろん、「人生やり直す」ということは、一から出直す、一から積み上げるということ。しかもこの年で・・・でも50歳、60歳で、ゼロからやり直すことを考えると恐ろしすぎる。

いまならまだ、このくらいのボリュームの記事なら4時間あれば書ける!

・ほんの少しのお金

数百万円という退職金を得た。でも、その代わり、月50万円以上の固定給を失った。

・莫大な時間

膨大な時間を得た。会社員時代は、1日のうち、12時間は会社に使い。7時間は睡眠に使い。残り3、4時間をアルコールや娯楽でストレス発散していた。土日もダラダラ過ごした。土日にパソコン使うなんて発想もなかった。

膨大な時間をこんなことに使っていこうと思う・・・

これからやりたいこと

せっかく毎日更新を始めたブログ。この記事が69記事目。5月いっぱいで、だいたい100記事。そこまでは毎日更新を継続する。でもそこまでで毎日更新はいったん終わり。

その後は、過去記事の書き直し。検索エンジン対策。このあたりをきちんと勉強。それを少なくとも1週間は集中的にやろうと思っている。

少しでもいいから収益を上げたい。でも焦らず。。読んでくれる人のために品質にこだわりたい。

そして、動画配信やライティングなどにも挑戦したい。

実は、動画配信は一度いじってみた。自分で動画撮影して編集もしてみた。。でも、PCがしょぼすぎて、書き出せず挫折・・・パソコンを購入したので、再挑戦する予定!

あとは、ライティング。目先、ブログだけじゃ大した収益は得られないので、ブログをPRしながらライティングの仕事をしてみようと思う。

いずれにせよ、続けること、新たに始めること、走りながら軌道修正していく。でも、17年会社員を継続したわたし、続けることだけは自信あり!

継続を武器にすることを選んでいく!

最後に~いままで支えてくれたみなさんへ!~

直接、お礼を言うことができませんでした。それだけが心残りです。

会社の人には教えていないこのブログでお礼を言います。見られてないけど・・・

いままで多くの先輩の指導、助けがあってここまでやってこれました。本当にありがとうございました。

そして、多くの後輩が、わたしのむちゃ振りについてきてくれました。きっと色々と我慢し続けてくれたでしょう。本当にありがとうございました。

全ての先輩、後輩のみなさんの支えなくして、ここまでくることはできませんでした。それだけは間違いありません。

なんと、うれしいことに、キャリア終盤で一緒に仕事をした部下から、昨日、メールをもらいました。個人的なやり取りなんで明かしませんが。とても温かく、彼の人間味がにじみ出ていました。ありがとう!

仕事に愚直に取り組み、後輩からも慕われる、好青年。彼のような人間が上に立つことで、後輩が、気持ちよく仕事ができることを望みます。

最後になりますが、わたしを慕ってくれる人達とは、これからもプライベートな関係を続けていきたいと思っています。よろしくお願いします。

それではみなさん!
本当にありがとうございました!
そして、さようなら!!!

– END –

コメント

タイトルとURLをコピーしました