フリーランスエージェントとは?仕組みとメリット・デメリット!

フリーランスエージェントとは?仕組みとメリット・デメリット!フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

フリーランスエージェントを利用しようと思ってる!

そもそも、フリーランスエージェントってどういう仕組みなの?

  • どうやって儲けてるの?
  • 利用時の注意点はなに?
  • 利用するメリットとデメリットは?

騙されたり、損したりしたくないから、色々、教えて下さい!

現役フリーランスが、フリーランスエージェントについて、これらを解説していきます。

  • 基本的な仕組み
  • あなたにしてくれること
  • 利用時の注意点
  • 利用するメリット・デメリット

本記事を読んで頂ければ、あなたが、フリーランスエージェントを使うべきか、正しい判断ができます。

フリーランスエージェントを選ぶ際に、失敗を避けることができます!

フリーランスエージェントを正しく活用し、フリーランスとして活躍することができます!

【関連記事】フリーランスエージェントおすすめランキングを解説しています。

フリーランスエージェントとは:まずは仕組みを理解

フリーランスエージェントの仕組み

フリーランスエージェントの仕組み

フリーランスエージェントの主なビジネスは、フリーランスと、クライアント企業のマッチングです。

この2者をマッチングします。

  • エンジニアを求めているクライアント企業
  • 仕事を求めているフリーランスエンジニア

フリーランス業界では、仕事のことを「案件」と呼びます。

クライアント企業とフリーランスの両者から、案件の条件を聞き、条件が合う企業とフリーランスをマッチングします。

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

営業代行って言ってもいいよね・・・

案件の条件って??

マッチングって具体的になにしてくれるの?

これらが、主な案件の条件です。

  • 報酬:案件単価
  • 経験・スキル:言語や過去参画案件
  • 契約期間:案件参画期間、勤務時間
  • 業務形態:客先常駐、リモート

案件の条件は、当然、フリーランスであるあなたも提示します。条件に合う企業の案件を探して、エージェントがあなたに紹介してくれます。

通常、面談を行って、クライアントの了承に基づき、業務委託契約を締結します。面談のセッティングや同席、契約を含めて、エージェントがサポートしてくれます。

フリーランスエージェントのビジネスモデル

フリーランスエージェントのビジネスモデル
フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

でも、フリーランスエージェントを利用するのって、お金かかるんでしょ?

はい。当然、フリーランスエージェントは、事業会社ですので、利益を出す必要があります。エージェントの利益は、主に、案件仲介時の手数料、いわゆる「マージン」です。

案件の報酬は、クライアント企業からエージェント経由で、フリーランスであるあなたに支払われます。

この時に、一定の割合、10%~20%程度を、エージェントの手数料として差し引きます。残りの、80~90%程度が、あなたの利益になります。

手数料率「マージン」は、エージェントや案件によって異なります。のちほど詳しく解説します。

なお、仕事を受託する前のこれらの段階では、料金・手数料は発生しません。

  • 案件の条件を相談する段階
  • 案件を紹介してもらう段階
  • クライアントとの契約前面談

【関連記事】フリーランスエージェントのマージンの仕組みとカモられないための対策を解説しています。

フリーランスエージェントの役割

フリーランスエージェントの主な役割は、「案件の紹介」でした。

「案件の紹介」以外にも、このような支援をあなたにしてくれます。

  • 経歴書・履歴書や面談のアドバイス
  • 案件参画後の各種相談
  • 案件が途切れないようにクライアントとの業務継続(再契約)の調整
  • 福利厚生サービス
  • 納税業務の支援
  • 損害補償や保険

エージェントによって、支援のラインナップや、有償/無償の違いがあります。相談や支援系は、無償ですが、保険などは一部有償です。

【関連記事】フリーランスエージェントおすすめランキングを解説しています。

クラウドソーシングサイトとの違い

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

最近、フリーランスが仕事を受注できるサービスって増えてるじゃん?

ランサーズとかクラウドワークス、ココナラ?とか・・・?

フリーランスエージェントとは何が違うの?

専門性と支援体制が違います。本記事で解説するフリーランスエージェントは、ITエンジニアに特化しています。

ITへの専門性が高く、これらの強みがあります。

  • クライアント企業との結びつきが強い
  • 高単価案件が多い
  • ITエンジニアに特化した助言や支援が受けれる

一方、いわゆる、ランサーズなどのクラウドソーシングサイトは、このような特徴があります。

  • 営業代行や助言はなし
  • クライアントが企業ではなく個人の場合もある
  • 福利厚生や補償などのサービスはない
フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

会社員が副業で使うならいいけど、フリーランスとして独立したい人には向かないね・・・

特に、駆け出しの頃は、営業活動は、支援してもらいたいもんね!

フリーランスエージェント各社の違い:利用時の注意点

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

よし、フリーランスエージェントを使おうと思う!

注意点を教えて下さい!

エージェントの具体的な社名を挙げながら、この5つの違いを解説します。

  • ①マージン(手数料)
  • ②商流(発注階層)
  • ③支払いサイト(報酬支払日)
  • ④福利厚生や補償
  • ⑤案件の特徴

ちなみに、エージェントは、複数登録して面談しても全く問題ありません。むしろ、最初は、複数のエージェントから話しを聞いて、きちんと比較すべきです。

【関連記事】フリーランスエージェントを複数利用すべき理由と注意点を解説しています。

違い①:マージン(手数料)

フリーランスエージェントを利用するには、必ず手数料がかかります。クライアント企業からの報酬をあなたに支払う際に、エージェントが一定の割合で、手数料を差し引きます。

この手数料率を「マージン」と呼びます。10%~20%程度が相場と言われます。マージンは、フリーランスエージェントによって異なります。

まずは、大きく、公開か非公開に分かれます。

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

非公開ってぼったくられてそうで怖いね・・・!

そんなあなたは、マージンを公開しているエージェントを利用しましょう。なお、マージンを公開しているエージェントは、以下の2種類に分かれます。

  • 案件ごとにフリーランスにマージンを教えてくれる
  • 案件に関係なく固定のマージンを採用している
フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

2つ目はどういうこと??

PE-BANKという大手フリーランスエージェントが代表例です。このように、PE-BANKでの実績年数に応じて、マージンが固定されています。

実績年数マージン
1年目12%
2年目10%
3年目以降8%

クライアント企業や案件によって変わりません。完全固定で、他社よりも低水準です。

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

これは分かり易いね!

フリーランスと長く付き合うことを望んでいる姿勢もうかがえるよね!

【関連記事】PE-BANKの特徴や評判・口コミを解説しています。

【関連記事】フリーランスエージェントのマージンの仕組みとカモられないための対策を解説しています。

違い②:商流(発注階層)

IT業界は、多重下請け構造で有名です。

特に、金融機関など大企業のシステム開発案件は、このような商流、発注階層になっていることが多いです。

システム業界の多重下請け構造
  • 発注者:大企業
  • 1次請け:大手SIer、大企業のシステム子会社
  • 2次請け:準大手SIer
  • 3次請け:SES、フリーランスエージェント
  • 4次請け以下:フリーランスエンジニア

上場企業が発注者の場合、フリーランスエージェントが入れるのも、よくて3次請け、多くの場合は、4次請け以下です。

当然、下になるほど、階層が増えるほど、マージンが抜かれ、単価が、下がります

フリーランスエージェントによっては、クライアント企業から直接案件を請けているところがあります。いわゆる、1次請け、直請け案件です。

フリーランスエージェントの直請けの事例
フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

どのフリーランスエージェントが、1次請けが多いの?

やはり、規模(案件数)が大きく、平均単価が高いエージェントが、1次請け案件が多いです。

エージェント案件数平均単価
レバテックフリーランス2万8千件68万円解説記事へ
PE-BANK5万件64万円解説記事へ
テックビズフリーランス5,000件79万円解説記事へ
Midworks3,000件72万円解説記事へ
※レバテックフリーランスとPE-BANは、全国エリア(地方)に対応しているため、単価が比較的低いです。

違い③:支払いサイト(報酬支払日)

フリーランス業界では「支払いサイト20日」などという言葉を使います。これは、5月末締めの報酬は、6月20日に振り込まれることを意味します。

フリーランスエージェントの支払いサイト20日の事例

案件の契約期間は、3か月間や6か月間など、様々ですが、報酬は毎月支払われます

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

毎月の生活が成り立たなくなるもんね・・・!

ただし、この「支払いサイト〇日」の〇日の部分の日数は、エージェントによって変わるので、注意が必要です。

短いところで、15日ですが、長いところは、40日です。40日だと、ある月の報酬が、翌々月の10日に支払われることになります。

フリーランスエージェントの支払いサイト40日の事例

<支払いサイトが短いフリーランスエージェント>

エージェント支払サイト
レバテックフリーランス15日解説記事へ
フューチャリズム15日解説記事へ
テックビズフリーランス20日解説記事へ
Midworks20日解説記事へ

【関連記事】フリーランスエージェントの支払いサイトの基礎知識と注意点を解説しています。

違い④:福利厚生や補償

フリーランスに、福利厚生なんてないと思われている方が多いです。フリーランスエージェントによっては、福利厚生や補償が充実してます。

これらは、あくまで一例にすぎません。

  • 交通費の支給
  • セミナー参加費、書籍購入費の補助
  • 旅行の割り引き
  • 保険の割り引き
  • 納税サポートや税理士の紹介

大手の中では、ミッドワークス(Midworks)の福利厚生は会社員並みに充実していると評判です。金銭面の補償も充実しています。

【関連記事】Midworksの特徴や評判・口コミを解説しています。

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

金銭面の補償ってなに?

代表的なのは、損害賠償補償です。意図せずクライアントに損害を与えてしまい、高額な賠償を請求されることもあります。

  • クライアントからの貸与物の破損
  • クライアントの情報漏えい
  • 成果物の納品期限を守れなかった

フリーランスは、会社員のように会社が守ってくれるわけではありません。フリーランスが安心して仕事できるよう、一定金額の賠償金を肩代わりしてくれるエージェントがあります。

<損害賠償請求補償サービスを提供しているエージェント>

エージェント
Midworks解説記事へ
テックビズフリーランス解説記事へ
ITプロパートナーズ解説記事へ
エミリーエンジニア解説記事へ

ただし、福利厚生や補償は、実質、エージェントの利益=フリーランスの報酬で成り立っています。充実しすぎている場合、エージェントのマージンが高い可能性があります。

金銭面の補償に関しては、フリーナンスという、フリーランス専用のお金や補償のサービスもあります。

【関連記事】フリーナンスのサービス内容や評判・口コミを解説しています。

違い⑤:案件の特徴

案件の単価や商流(発注階層)の違いは既に説明しました。それ以外に注意すべきなのが、これらの違いです。

  • 対応エリア
  • 客先常駐/リモートワーク
  • 週2,3日勤務可
  • 開発言語やスキル

特に、高単価・高収入をうたっているエージェントには、このような特徴があります。

  • ほぼ都内しか対応していない
  • 週5日勤務しか対応していない
  • リモートワーク不可
フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

大企業案件が多いと、そうなるよね・・・!

はい、残念ながら、いまだに金融機関や大手メーカーなどは、勤務時間や場所を制限する傾向があります。

地方勤務を望むならば、全国対応しているこれらのエージェントがおすすめです。

リモートワークや週2,3日勤務を望むならば、これらのエージェントがおすすめです。

【関連記事】フリーランスエージェントおすすめランキングを解説しています。

フリーランスエージェントのメリット

  • ①営業活動を代行
  • ②本業に専念できる
  • ③クライアントとのトラブル回避
  • ④あなたの市場価値を適切に評価

メリット①:営業活動を代行

フリーランスとして、独立・継続する際の、最大の課題は、仕事を取ることです。仕事を請けることさえできれば、開発スキルには自信がある人が多いです。

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

うん!

開発は、ネットで調べたり、時間かけたりすれば、どうにかできる自信がある!

でも、エンジニア経験しかないから、営業活動ってどうしたらいいか分からない・・・!

フリーランスエージェントを利用すれば、あなたの代わりに、あなたを売り込んでくれます。というより、すでにクライアント企業から仕事の依頼が、案件という形でストックされています。

その中から、あなたに合うクライアント案件を提案してくれます。

フリーランスエンジニアが、営業活動をしている時間は、直接的な利益を生みません。当然、報酬も発生しません。

駆け出しの頃は、エージェントの手数料(マージン)を割り切って、速やかに初仕事、初報酬をゲットすることに専念すべきです。

メリット②:本業に専念できる

本来、フリーランスとして独立するのは、起業と同じです。これらを全て、自分でこなす必要があります。

  • 営業
  • 契約
  • システム開発
  • 経理・納税

会社員からフリーランスエンジニアとして独立した人が、いきなり全部自分でやろうとするのは、時間もかかりますし、リスクもあります。

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

リスクって?

  • 契約に関する知識がないと、あなたに不利な契約を結ばされてしまうかも
  • 納税に関する知識がないと、申告ミスをしてしまうかも

当然、本業以外に時間をかけると、本業であるシステム開発の時間はなくなります。

駆け出しの頃は、納品物の品質を高めることや、スキル習得に時間を割くべきです。報酬が安定・アップしてから、フリーランスエージェントからの独立を検討しましょう。

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

法人化する人も多いよね!

でも、いきなりやる人は少ないよね・・・

まずは個人事業主として安定してから検討だね!

メリット③:クライアントとのトラブル回避

フリーランスは、クライアント企業と、こんなトラブルにおちいってしまうことがあります。

  • 納品物の品質クレーム
  • 度重なる仕様変更
  • 労働環境や労働条件が劣悪
  • 金銭トラブル
  • ハラスメント

会社員であれば、上司や本社の専門部署が助けてくれましたが、フリーランスは自ら対応する必要があります。できれば、事前に回避することが望ましいです。

フリーランスエージェントを利用すれば、そもそもトラブルになるようなクライアント企業は、淘汰されている可能性が高いです。

万が一トラブルになった場合も、エージェントが間に入って調整してくれます。損害賠償補償をしてくれるエージェントもあります。

メリット④:あなたの市場価値を適切に評価

フリーランスの市場価値は、報酬=案件単価で決まりますが、明確な基準はありません。

全く同じスキル(言語)であっても、月の報酬が50万円、100万円、高いと200万円までバラバラです。

多くもらえるうちは、ラッキーで済みますが、あなた自身を安く売り込んでしまうと、損します。

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

特に、会社員から独立した人は、会社員時代の給料と比較しちゃうもんね・・・!

上がった~!って浮かれちゃいそう。。

はい、、駆け出しの頃は、クライアントが提示する報酬が、高いのか安いのさえ、判断できません。まずは、フリーランスエージェントに相談して、提示される案件単価だけでも眺めてみるべきです。

フリーランスエージェントには多数の案件が集まっていますので、平均相場に基づいて、クライアント企業と案件単価を調整しています。

エージェントの担当者は、一定の経験則や社内のノウハウに基づいて、あなたの市場価値を判断してくれます。

【関連記事】フリーランスエンジニアが稼げる開発言語を解説しています。

【関連記事】フリーランスエンジニアが年収1000万円、2000万円を実現するためのロードマップを解説しています。

フリーランスエージェントのデメリット

最後は、フリーランスエージェントを利用するデメリットやリスクを説明します。

  • ①自由度が下がる
  • ②マージンがかかる
  • ③担当者の当たり外れがある
  • ④経験値が低いと仕事がない

デメリット①:自由度が下がる

フリーランスのフリーは「自由」ですが、エージェントを利用すると、自由じゃなくなる場合があります。

当然、クライアントによっても変わってきます。勤務時間や、勤務場所など自由度が高い場合もあります。

ただし、高単価案件の場合、大企業案件が多いです。大手金融機関や大手メーカーなどが、クライアントの場合が多いです。

これらの条件で勤務をする可能性が高まります。

  • 客先常駐
  • 勤務時間、休憩時間、休暇が固定
  • 長期プロジェクト

プロジェクトによっては、開発から保守まで、数年間常駐することになります。結果的に、SIerやSESの社員と変わらない状態になりかねません。

せっかくフリーランスになるので、あなたがこだわる勤務条件は、しっかりとエージェントに主張しましょう。

デメリット②:マージンがかかる

案件ごとにマージン=手数料が、10~20%程度かかります。

手数料によって、営業代行や契約支援などのサービスを受けることができるので、必要経費とも言えます。

ただ、人によっては、年間100万円を超えるため、決して小さい金額ではありません。当然、フリーランスエージェントを利用しなければ、この経費がかかりません。

実際に、フリーランスとして経験を積んで、クライアントとの人脈を形成し、独力で継続的に案件を受注している人も多いです。会社員時代の人脈を活かして、仕事を取っている人もいます。

駆け出しフリーランスの頃は、エージェントを利用することをおすすめしますが、いずれは、真の自立も視野に入れましょう。

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

まあ、これからの時代・・・

使えるサービスは、コスパを見極めて、ガンガン使っていく、でいいと思うよ!

【関連記事】フリーランスエージェントのマージンの仕組みとカモられないための対策を解説しています。

デメリット③:担当者の当たり外れがある

フリーランスエージェントを利用すると、あなたの担当がつきます。

初期のキャリア面談を担当する人と、その後の継続フォローを行ってくれる人です。エージェントによっては、両者が同一人物です。

転職エージェント同様に、担当者には当たり外れがあります。こんな担当に当たる場合もあります。

  • あなたの希望する条件の案件を提示しない
  • 無理やり案件に参画させようとする
  • 連絡してこない

複数エージェントと面談して、合わない場合は、別エージェントを利用しましょう。エージェントは変えたくない場合、当然、担当者変更を依頼することもできます。

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

クライアント企業のお客さまにも、当たり外れはあるもんね・・・

まあ、フリーランスだから、一定期間我慢したら、案件を乗り換えればいいよね。

デメリット④:経験値が低いと仕事がない

フリーランスは、独立と自立を意味しますので、一定以上の経験とスキルが必要です。

エンジニア経験さえない場合、どのエージェントと面談しても、普通に断られます。2年未満でも、断られる場合があります。

最低でも、3年は、会社員でもバイトでもいいので、エンジニア経験を積むことをおすすめします。

プログラミングスクールを卒業しただけの場合も、断られる場合があります。やはり、クライアントは実務経験を重視します。

別業界からエンジニアに転身したい人は、まずはエンジニア転職を検討しましょう。

まとめ:フリーランスエージェント利用時の注意点

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

まとめと振り返りをさせて頂きます。

<フリーランスエージェント利用時の注意点>

  • ①マージン(手数料)
  • ②商流(発注階層)
  • ③支払いサイト(報酬支払日)
  • ④福利厚生や補償
  • ⑤案件の特徴

【関連記事】フリーランスエージェントおすすめランキングを解説しています。

【関連記事】フリーランスエージェントを複数利用すべき理由と注意点を解説しています。

<直請け(1次請け)案件が多いフリーランスエージェント>

エージェント案件数平均単価
レバテックフリーランス2万8千件68万円解説記事へ
PE-BANK5万件64万円解説記事へ
テックビズフリーランス5,000件79万円解説記事へ
Midworks3,000件72万円解説記事へ
※レバテックフリーランスとPE-BANは、全国エリア(地方)に対応しているため、単価が比較的低いです。

【関連記事】フリーランスエージェントのマージンの仕組みとカモられないための対策を解説しています。

<支払いサイトが短いフリーランスエージェント>

エージェント支払サイト
レバテックフリーランス15日解説記事へ
フューチャリズム15日解説記事へ
テックビズフリーランス20日解説記事へ
Midworks20日解説記事へ

【関連記事】フリーランスエージェントの支払いサイトの基礎知識と注意点を解説しています。

<損害賠償請求補償サービスを提供しているエージェント>

エージェント
Midworks解説記事へ
テックビズフリーランス解説記事へ
ITプロパートナーズ解説記事へ
エミリーエンジニア解説記事へ

<フリーランスエージェントのメリット>

  • ①営業活動を代行
  • ②本業に専念できる
  • ③クライアントとのトラブル回避
  • ④あなたの市場価値を適切に評価

<フリーランスエージェントのデメリット>

  • ①自由度が下がる
  • ②マージンがかかる
  • ③担当者の当たり外れがある
  • ④経験値が低いと仕事がない

他にも、フリーランス関連の記事を多数取り揃えておりますので、ご活用下さい!

【関連記事】フリーランスエンジニアの年収1000万円から年収2000円までのロードマップを解説しています。

【関連記事】フリーランスエンジニアが稼げる言語を解説しています。

【関連記事】フリーランスエンジニアの悲惨な末路と回避する方法を解説しています。

【関連記事】フリーランスエンジニアはやめとけな理由と適正をチェックする方法を解説しています。

【関連記事】フリーナンスのサービス内容や評判・口コミを解説しています。

【関連記事】フリーランススタートのサービス内容や評判・口コミを解説しています。

【関連記事】フリーランスエージェントおすすめランキングを解説しています。

1位:レバテックフリーランス

評価ポイント:3.8

・多数のIT人材サービスを運営
・登録者数国内最大:約20万人
・利用者平均年収:862万円(1位)
・案件数:2.8万件(2位)
・報酬支払が早い(業界最短)

2位:PE-BANK

評価ポイント:3.7

・30年以上の実績あり(1位)
・利用者平均年収:847万円(2位)
・案件数:5万件(1位)
・マージン(手数料)が固定で低い

3位:Midworks(ミッドワークス)

評価ポイント:3.6

・上場企業(Branding Engineer社)が運営
・案件単価が高い(72万円)
・福利厚生や保障が最も充実(報酬保障あり)

4位:テックビズフリーランス

評価ポイント:3.6

・案件単価が高い(79万円)
・夜間、土日も相談できる
・本業以外のサポート充実
・実務経験1年でも案件紹介可

5位:ITプロパートナーズ

評価ポイント:3.5

・週2,3案件多数
・リモート案件多数

6位:エミリーエンジニア

評価ポイント:3.4

・利用者平均年収:819万円
・利用者の5人に1人が、年収1000万円以上
・利用者の4人に1人が、フリーランス初めて

7位:フューチャリズム

評価ポイント:3.3

・上場企業(ポート社)が運営
・利用者の85%が年収アップに成功
・報酬支払が早い(業界最短)

8位:ポテパンフリーランス

評価ポイント:3.1

・未経験者歓迎
・運営会社(ポテパン社)はプログラミングスクールも運営

9位:アットエンジニア

評価ポイント:3.1

・案件単価が高い(78万円)
・一人一人に専属担当がつく
・報酬の前払いサービスあり

-END –

コメント

タイトルとURLをコピーしました