フリーランスエンジニアが稼げる言語TOP30!2021年最新版

フリーランスエンジニアが稼げる言語TOP30!2021年最新版SE
フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

もっと収入を上げたい!

開発言語によって案件の単価って、変わってくるみたい。

いまのスキルだと限界だから、新たな言語に挑戦しようかと・・・

言語による単価や需要の違いを知りたい!

では、現役フリーランスのわたしが、これらを解説します。

  • 単価(報酬)が高い開発言語
  • 案件(需要)が多い開発言語

フリーランスに仕事を提供するフリーランスエージェント各社の案件情報を調査しました。

対象のエージェントは、数十社で、当然、案件数の多い大手を含んでいます。

フリーランスエンジニアの人材市場の実状を反映しています。

本記事を読んで頂ければ、あなたが次に習得する言語が見つかります!

【関連記事】フリーランスエージェントおすすめランキングを解説しています。

フリーランスエンジニアが稼げる言語TOP30

開発言語の平均単価ランキング30

平均単価によるランキングは、こちらの通りです。

順位言語平均単価
(万円)
最高単価
(万円)
案件数
1Scala83.9160658
2Go80.81801914
3R言語80.617034
4Kotlin761501248
5Apex74.3135203
6Cocos2d-x73.8140104
7Ruby73.32005201
8Python72.41605041
9Swift72.21402139
10TypeScript71.51401000
11Vuex69.98010
12Unity68.61502070
13JavaScript67.61808616
14PHP65.620014887
15Objective-C63.3120740
16JAVA63.120028420
17Perl62110448
18SQL622004808
19C++60.41504088
20C#59.32005463
21C#.NET59.12002619
22ASP.NET57.51201526
23HTML57.41201602
24C言語56.61602124
25VC++55.880563
26VB.NET551404664
27VBA54.91601674
28VB54.8140882
29PL/SQL54.71501818
30COBOL52.11503949
フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

案件数が、少なすぎるのは、仕事にありつけないから、ちょっとね・・・

では、案件数が、1000以上のものを解説していきます。

単価が高い主な開発言語5つの概要

この5つを紹介します。

  • ①Go:平均単価80.8万円
  • ②Kotlin:平均単価76万円
  • ③Ruby:平均単価73.3万円
  • ④Python:平均単価72.4万円
  • ⑤Swift:平均単価72.2万円

高単価言語①:Goの概要

平均単価80.8万円:2位
案件数1914件
  • Googleが開発したプログラミング言語
  • Webサービス、スマートフォン向けアプリの開発に向いている
  • シンプルで高速処理が可能

これらのサービスに実用されています。

  • YouTube
  • メルカリ
  • ぐるなび

高単価言語②:Kotlinの概要

平均単価76万円:4位
案件数1248件
  • JVM言語(Java Virtual Machine:ジャバ・バーチャル・マシン)の1種
  • 主にアンドロイドアプリの開発に利用

これらのサービスに実用されています。

  • Yahoo!ニュースアプリ(Android版)
  • GYAO!
  • LINE
  • ABEMA(サイバーエージェント)

高単価言語③:Rubyの概要

平均単価73.3万円:7位
案件数5201件
  • 日本で開発されたオブジェクト指向スクリプト言語
  • Webサイト、ショッピングサイト、SNSなどを幅広く実現
  • 人気のフレームワーク「Ruby on Rails」のベース言語

これらのサービスに実用されています。

  • 食べログ
  • クックパッド

高単価言語④:Pythonの概要

平均単価72.4万円:8位
案件数5041件
  • 人工知能(AI)、機械学習、統計処理が得意
  • コードがシンプルで、ライブラリーが豊富なので初学者向け

これらのサービスに実用されています。

  • Instagram
  • YouTube
  • Dropbox
  • Googleの画像検索
  • SiriやAlexaなどの音声認識

高単価言語⑤:Swiftの概要

平均単価72.2万円:9位
案件数2139件
  • アップルが開発した言語
  • iOS、Xcode(アップル社が提供する開発環境)で使える
  • コードがシンプルで軽量

アップル社の製品、アプリで実用されています。

  • Mac
  • iPhone
  • iPad
  • Apple Watch

フリーランスエンジニアの案件が多い言語TOP30

続いては、案件数の順番で並べてみます。

順位言語案件数平均単価
(万円)
最高単価
(万円)
1JAVA2842063.1200
2PHP1488765.6200
3JavaScript861667.6180
4C#546359.3200
5Ruby520173.3200
6Python504172.4160
7SQL480862200
8VB.NET466455140
9C++408860.4150
10COBOL394952.1150
11C#.NET261959.1200
12Swift213972.2140
13C言語212456.6160
14Unity207068.6150
15Go191480.8180
16PL/SQL181854.7150
17VBA167454.9160
18HTML160257.4120
19ASP.NET152657.5120
20Kotlin124876150
21TypeScript100071.5140
22VB88254.8140
23Objective-C74063.3120
24Scala65883.9160
25VC++56355.880
26Perl44862110
27Apex20374.3135
28Cocos2d-x10473.8140
29R言語3480.6170
30Vuex1069.980

JAVAは、まだまだ顕在です。

大手金融機関、メーカーなど、多くの大企業の基幹系システムで使われています。

平均単価は、高くないですが、最高単価は、200万円まであり得ます。

マネージャーポジションについたり、上流工程に関われば、単価アップの余地は全然あります。

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

今後の伸びを考えると、Ruby、Pythonが熱いね・・・

でも、どうやったら、希望する言語の案件に参画できるの?

まずは、コネクションのあるクライアント企業に相談してみましょう。

難しいようであれば、フリーランスエージェントに相談しましょう

本記事のランキングも主要なフリーランスエージェントの案件情報を元に作成しました。

【関連記事】フリーランスエージェントおすすめランキングを解説しています。

フリーランスが開発言語以外に習得すべきスキル

フリーランスエンジニアは、単価を上げるために、開発言語以外にも習得すべきスキルがあります。

  • ①フレームワーク
  • ②上流工程スキル
  • ③マネジメントスキル
  • ④営業スキル
  • ⑤AWSなどのクラウドスキル

スキル①:フレームワーク

フレームワークは、開発言語とは別、というよりセットで習得すべきスキルです。

各種、開発支援ツールの集合体を指しています。

  • コーディングのエディタ
  • 文法チェックツール
  • ライブラリー(関数・部品)の呼び出し など

代表的な言語のフレームワークです。

言語フレームワーク
JAVASpring Boot
RubyRuby on Rails
PHPLaravel

経歴書には、開発言語とセットで記載しましょう。

スキル②:上流工程スキル

システム開発は、要件定義や設計などの上流工程の方が、単価が高いです。

できる人が、少なく、貴重だからです。

開発作業は、あくまで「作業」です。

必要なスキルは、プログラミングスキルだけです。

ある程度の規模のプロジェクトになると、設計内容は全て、ドキュメント化されています。

それに従いコーディングするのみです。

一方で、上流工程は、これらのスキルが必要になります。

  • 業務知識
  • システム全体設計(ハード、ソフト)
  • 画面デザインスキル(UI・UX)
  • データベース全体設計 などなど
フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

そもそも、システムで実現できるか判断することも必要になるもんね・・・

若手エンジニアの方は、積極的に、設計工程への参画を希望しましょう。

スキル③:マネジメントスキル

上流工程と似ているスキルです。

多くのエンジニアをリードできる立場になれば、当然単価が上がります。

チームリーダーや、プロジェクトリーダーと呼ばれます。

自ら手を動かして開発作業をするのではなく、これらの仕事を担当します。

  • 進捗管理
  • 品質管理
  • 開発課題の解決

プロジェクトの序盤は、上流工程を担当して、開発工程以降、マネジメントに移行していくイメージです。

スキル④:営業スキル

あなた自身を売り込むスキルは、単価アップに必須です。

エンジニア業界は、全く同じ仕事でも、クライアントによって報酬が全く違います。

同じスキル、労働時間であっても、報酬に倍以上差がつくことがあります。

条件のよい仕事を探し続けて、自らを売り込み続けることが必要です。

スキル⑤:AWSなどのクラウドスキル

最近は、自社でサーバーやデータセンターを保有するのではなく、クラウド上にシステムを構築するクライアントも増えています。

AWSやセールスフォースなどのクラウドサービスを利用することも多いです。

フリーランスエンジニア
フリーランスエンジニア

別にクラウドを使うからって、作るプログラムは同じでしょ・・・?

基盤(ハードウェア)だけ、クラウドを利用する場合はあまり影響ありません。

開発環境、プログラムやデータの管理面だけ、影響があります。

ただし、最近は、クラウドサービスが、データアクセスのプログラムなどの共通ルーチンを提供していることも多いです。

その場合、プログラミングの際に、クラウドの知識が必要になります。

まとめ:フリーランスエンジニアが稼げる言語TOP30

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

再度、フリーランスエンジニアの平均単価ランキングTOP30を掲載します。

順位言語平均単価
(万円)
最高単価
(万円)
案件数
1Scala83.9160658
2Go80.81801914
3R言語80.617034
4Kotlin761501248
5Apex74.3135203
6Cocos2d-x73.8140104
7Ruby73.32005201
8Python72.41605041
9Swift72.21402139
10TypeScript71.51401000
11Vuex69.98010
12Unity68.61502070
13JavaScript67.61808616
14PHP65.620014887
15Objective-C63.3120740
16JAVA63.120028420
17Perl62110448
18SQL622004808
19C++60.41504088
20C#59.32005463
21C#.NET59.12002619
22ASP.NET57.51201526
23HTML57.41201602
24C言語56.61602124
25VC++55.880563
26VB.NET551404664
27VBA54.91601674
28VB54.8140882
29PL/SQL54.71501818
30COBOL52.11503949

自らのスキルと単価アップを実現するためにも、新たな言語習得に挑戦しましょう!

活きたスキルを身に付けるには、現場で案件をこなす必要があります。

必要に応じて、フリーランスエージェントを活用することで、積極的に営業活動を行いましょう。

【関連記事】フリーランスエージェントおすすめランキングを解説しています。

その他にも、フリーランスエンジニアに役立つ記事をご用意しています。是非、ご活用下さい!

【関連記事】フリーランスエンジニアが年収1000万円、2000万円を実現するためのロードマップを解説しています。

【関連記事】フリーランスエンジニアの悲惨な末路と回避する方法を解説しています。

【関連記事】フリーランスエンジニアは「やめとけ」な理由と適正をチェックする方法を解説しています。

– END –

コメント

タイトルとURLをコピーしました