証券会社への就職は難しい?難易度ランキング【業態・職種別】

証券会社への就職は難しい?難易度ランキング【業態・職種別】業界研究/就職対策したい!
就活生
就活生

証券会社に興味があります!

証券会社への就職って、難しいの・・・?

教えて下さい!

元大手証券会社社員のわたしが、解説します。

結論から言うと・・・

一概には言えません!

証券会社にも様々な種類の業態や職種があるからです。

本記事前半では、証券会社の業態・職種別の難易度を解説します。

その後、証券会社の仕事内容と、就職活動を有利に進める方法を説明します。

是非、本記事を読んで頂き…

  • 希望の会社、職種を見つけて下さい!
  • 就活を有利に進める知識とノウハウを身につけて下さい!

【関連記事】証券会社に就職するための完全ガイド記事です。

Amazonでkindle本を出版中です。

試し読みだけでもどうぞ!


証券会社への就職対策完全講座: 元大手証券会社社員が勝てる志望動機を解説

※アンリミテッド会員なら無料購読可

Kindle Unlimitedを30日間無料体験してみる

証券会社への就職は難しい?

この3点を説明します。

  • 難易度は、証券会社の業態によって全然違う
  • 難易度は、職種によって全然違う
  • 入社は難しくないけど、出世は超難しい

難易度は、証券会社の業態によって全然違う

証券会社には、ざっくり分けても、これらの種類があります。

どれを選ぶかによって、難易度は変わってきます。

証券会社の業態就職難易度
大手総合証券会社
インターネット専業証券
準大手証券以下
外資系証券最高

本当は、もっと細かく、分けられますが・・・

とりあえずこれだけ知っておけば大丈夫!

大手総合証券会社を、“中”にしていますが、誰でも簡単に内定をもらえるわけではありません。

あくまで基準にしているだけです。

それぞれ、難易度とその理由を説明します。

大手総合証券会社:難易度中

会社例
  • 野村證券
  • 大和証券
  • みずほ証券
  • SMBC日興証券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

就活生の多くの方がイメージしているのは、大手証券会社だと思います。

一言でいうと「なんでもやっている会社」です。

最も幅広く、大規模に業務を展開しています。

  • 日本全国への店舗展開と対面営業
  • コールセンターやインターネットでの非対面営業
  • 海外展開
  • 幅広い商品を販売(国内/外国の株式、債券、投信)
  • 投資銀行業務(M&A、IPO、PO、TOBなど)
  • リサーチ業務 など

各社、毎年、新卒であれば、500名~1000名程度を採用しています。

中途も、年間、百人規模で採用しています。

大手証券会社は、社員5,000名以上の、大企業です。

全業界の中でも、金融業界は、人気が高く、就職難易度は高めです。

と言っても、金融業界は、銀行業が、トップ。

その次が、証券業や保険業です。

銀行、特に、メガバンクは、採用学生のボリューム層が・・・

  • 東大
  • 早稲田
  • 慶應 など

一方で、証券会社のボリューム層は、MARCHと呼ばれる中堅以上の私立大学です。

その意味では、メガバンクよりは・・・

競争の難易度は低い!

【関連記事】証券会社と銀行の仕事や年収などの違いを解説しています。

インターネット専業証券会社:難易度高

会社例
  • SBI証券
  • 楽天証券 など

インターネットトレードを専業としており、大手証券会社のように、店舗を持っていません。

新卒採用は、10名程度なので、逆に・・・

大手よりも狭き門!

商品やサービスの企画業務は、新卒入社の社員には、難しいです。

中途採用に頼っています。

準大手証券以下:難易度低

会社例
  • 岡三証券
  • 東海東京証券 など

大手総合証券会社との違いは、この3つです。

  • 収益規模や顧客数が、大手より、一段劣る
  • 個人向けのリテール営業に注力(ホールセール、投資銀行、自己売買などは弱い)
  • 特定地域への営業展開に注力(岡三証券:三重県、東海東京証券:東海地域)

知名度の面から、大手よりも、就職の難易度は、一段下がります。

この分類には、中堅以下を含めると、何百社も含まれています。

完全に、特定の地域だけで営業をする形態を、「地場証券」と呼びます。

地元や地方で、就活を行う方は、調べてみて下さい。

外資系証券会社:難易度最高

会社例
  • ゴールドマンサックス証券
  • JPモルガン証券

本社が外国にあり、日本国内では収益性の高い事業に特化しています。

  • 投資銀行業務(M&Aなど)
  • トレーディング業務
  • 自己売買業務

難易度は最高峰です。

企業や、職種によっては、メガバンクよりも、はるかに難易度が高くなります。

大学によっては、書類選考で、問答無用で落とされます。

わたしのような、中堅クラスの私立大学出身は・・・

選択肢にも入りません!

トレーダー職や、リサーチ職は、院卒比率も高いです。

難易度は、職種によって全然違う

証券会社には、ざっくりとこれらの職種・部門があります。

職種就職難易度
営業職
トレーディング部門
投資銀行部門
リサーチ部門
事務・IT部門

営業職:難易度中

国内系の多くの証券会社で、ほとんどの新卒学生が、営業職からキャリアをスタートします。

職種を選ばない「総合職オープンコース」と呼ばれる場合は、基本的に、営業職になります。

1年目は、リテール営業と呼ばれる、個人中心の新規開拓営業から開始。

営業目標、いわゆるノルマが課せられる、地味でしんどい仕事なので・・・

他の職種に比べると人気がありません!

難易度は、下がります。

【関連記事】証券会社の営業の仕事を、詳しく解説しています。

トレーディング部門:難易度高

証券会社の花形部署です。

たまにニュースで映る、多くのPCモニターに囲まれて仕事をしている人達です。

このような仕事・職種があります。

  • お客さまの注文を取引所に取り次ぐ:トレーダー
  • 証券会社自身のお金で取引する:ディーラー

高度で専門的な金融知識が必要になるので、新人配属が少ない部署です。

大手証券会社や外資系証券であれば、部門別採用に申し込む必要があります。

いずれにせよ、採用は、少人数なので、狭き門であり・・・

競争率が高いです!

当然ながら、学歴フィルターも厚く、高学歴、院卒が優遇されます。

【関連記事】証券会社の仕事内容と4大業務について解説しています。

投資銀行部門:難易度高

証券会社に、ギラギラした高収入のイメージを与えている職種です。

投資銀行マン=バンカーとも呼ばれます。

上場企業や、公的機関に対して、企業の資本戦略に関わる、ソリューション提案を行います。

  • IPO:株式の新規上場
  • M&A:企業間の合併・買収
  • TOB:株式の公開買付

トレーディング部門同様に、部門別採用に申し込む必要があります。

年俸制の高収入が約束されることが多く、人気も難易度も高いです。

とはいえ、営業職、コンサル職の要素も含まれる職種です。

企業の財務担当に対して・・・

  • 接待営業
  • プレゼン
  • 根回し

が必要な仕事。

激務であることでも有名!

高学歴かつ体育会系のイメージの割合が多いです。

リサーチ部門:難易度高

いわゆるアナリストが在籍する部門です。

  • 個別の銘柄、各業態、各国の市場をリサーチ
  • 各企業の決算内容や、政府発表指標などを研究
  • リサーチレポートにまとめて、HPなどで公式開示

海外情報を取り扱うので語学力が必要です。

さらに、これらのスキルも必要になります。

  • ドキュメンテーション
  • データ分析
  • グラフ化

高学歴かつ、論文やレポートなどの実績がある学生が優遇されます。

事務・IT部門:難易度低

証券会社は、毎年のように、NISA(少額投資家非課税制度)のような新制度ができます。

証券会社の事務手続きを整備・ルール化したり、システム化したりする部門です。

わたしは、IT部門に所属していましたが・・・

地味な裏方の仕事!

これまで説明した、本社部署の中では、最も難易度が低いです。

就活生
就活生

あんたが、所属していた部署だもんね・・・

そして、営業店の中にも、事務を専門に担う部署があります。

総合職ではなく、地域職なので難易度は低いです。

【関連記事】大手証券会社を比較・解説すると共に、本社の仕事を解説しています。

入社よりも出世が超難しい!

これまで説明した通り、営業職であれば、入社するのは・・・

そこまで難しくありません!

無名な私立大学だと厳しいですが。。

少なくとも、人気企業であるメガバンクや、総合商社に比べれば・・・

はるかに就職難易度は低い!

ただし、入社後の出世は、人によっては、メガバンクよりも難しいです。

いくら高学歴でも、営業が合わないと・・・

その時点で終了!

営業成績で、上位10%に入らないと、出世コースに乗れません。

証券会社の営業の成果は、活動量に左右される部分が大きいです。

最近は、難関国立大学の理系出身者を、営業からスタートさせることもありますが・・・

結果を出せずに挫折する人が多い!

中堅私立大出身の、こんな人の方が結果を出す・・・

  • フットワークが軽い人
  • メンタルが強い人
  • 容姿がいい人(イケメン、美人)

営業の出世争いは、新入社員だけでも、300人以上の争いです。

就活生
就活生

ギラギラした人達との争いだもんね・・・

【関連記事】証券会社の営業の仕事を、詳しく解説しています。

証券会社の業務や仕事を理解しよう

共感できることを見つけて、積極的に志望動機に取り入れて下さい。

  • 証券会社に就職するメリットとデメリット
  • 証券会社が社会に果たす役割
  • 証券会社の将来性と訪れている変化

証券会社に就職するメリットとデメリット

証券会社に就職する難しさは、なんとなくイメージを持ってもらえたと思います。

会社の種類や職種もある程度、当たりがついたはずです。

とは言え、就職しても、あなたが、よかったと思えなければ・・・

なんの意味もありません!

就活生
就活生

後悔して、最悪辞めちゃったら意味ないもんね・・・

証券会社に就職することの、魅力と、いまいちな点をしっかり理解して下さい!

証券会社に就職するメリット
  • 収入と待遇がいい
  • 法律に守られた独占業界で、なくなることはない
  • 価値が高い専門スキルが身につく
  • 若くして大きなお金を動かせる
  • 貴重な人脈を増せる
証券会社に就職するデメリット
  • 出世は超難しい
  • 証券投資に制約がある
  • 営業からスタートする可能性が高い~合わないと終わる~
  • 銀行への転職は難しい
  • 業界再編がある可能性が高い
  • 副業はできない
  • 営業職は頻繁に転勤

メリットの中で共感できるものがあれば・・・

志望動機に取り入れよう!

【関連記事】証券会社に就職するメリットとデメリットを解説しています。

証券会社が社会に果たす役割

証券会社は、事業会社ですので、当然、利益を追求しています。

でも、それだけではありません。

しっかりと、社会、特に、日本経済に果たしている役割があります。

  • お金の流れを作ってる
  • 証券取引を活性化してる
  • お金が「いま必要な人」と「将来増やしたい人」をつなげてる
  • 資産運用の助言と情報提供

1つずつの詳しい解説は、別記事を用意しています。

これらのうち、共感できたものがあれば、志望動機に取り込みましょう!

【関連記事】証券会社が社会に果たしている役割を解説しています。

証券会社の将来性と訪れる変化

証券業界が衰退することはありません。

むしろ、発展します。

理由はこの3つです。

  • 「貯蓄から投資へ」が、まだ進んでいない
  • 子育て終了世代がリタイア
  • 資産を守って増やすには分散投資が必要

特に、1つ目が重要です。

これは、日本人の金融資産の内訳です。

金融資産の種類金額割合
現金・預金1,008兆円52.9%
株式等211兆円11.1%
債務証券26兆円1.4%
投資信託74兆円3.9%
保険・年金・定型保証528兆円27.8%
その他56兆円2.9%
TOTAL1,903兆円100%
引用元:参考図表2019年第4四半期の資金循環(速報) 日本銀行調査統計局 2020年3月18日

投資、つまり、株式、債券、投信は、全部合わせても、約300兆円です。

この比率は10年以上、ほとんど、変わっていません。

「貯蓄から投資へ」は・・・

全然進んでいない!

だからこそ、証券会社には、将来性があります。

一部の有価証券は、銀行などでも取り扱えます。

でも、フルラインナップで、幅広く取り扱えるのは・・・

証券会社だけ!

就活生
就活生

将来、変わることはないの?

金融商品取引法という法律で決まっています。

もちろん、1,000兆円の貯蓄全てが、投資に流れるわけではありません。

すぐに使えるお金は、財布に入れるか、貯金しておく必要があります。

ただし、仮に、1,000兆円のうち、1割が投資に流れたとします。

どれくらいのインパクトがあるかというと、100兆円という額は・・・

野村證券の預かり資産額と、同水準!

そして、証券業界には、これらの変化の波が訪れています。

  • 手数料収入からアドバイザリー収入へ
  • 銀行との連携が加速
  • オンライン営業の普及
  • 会社員からIFAへ
  • 業界再編はいつか起きる

1つずつの詳しい解説は、別記事を用意しています。

【関連記事】証券会社に将来性がある理由と訪れている変化を解説しています。

証券会社への就活を有利に進める方法

最後は、証券会社に興味を持ったあなたのために・・・

就職対策を解説します!

  • 証券会社の採用の裏側を理解する
  • 内定を勝ち取る志望動機を作る

証券会社の採用の裏側を理解する

証券会社に限らず、大企業ならば全てに当てはまる、原理原則があります。

あなたの就職活動の成否を左右する重要な事実があります。

「就活は縁」と言われますが・・・

大企業に関しては違います!

確かに、最終の役員面接で、縁を感じて選ぶ役員もいます。

でも、その前に落とされる人は「縁がないから」じゃありません。

明確な理由があって落とされています。

残念ならが、採用活動は・・・

「落とすための理由探し」!!

まずは、落とされる原因を潰して・・・

次の選考に進む確率を上げることが重要!

どんなに志望動機に熱意や説得力を込めても・・・

「落とす理由」が含まれている時点で、アウト!

落とす理由に該当する、志望動機を作ってしまうとどうなるか。。

30社受けても、9割の確率で落とされます。

まともに選考されているのが・・・

3社くらい!

「落とす理由には当てはまらない」と分かってくれるのは、3社だけです。

そこで初めて、3社は、「あなたを採用する理由」を探してくれます。

もちろん、「採用する理由」がないと・・・

不採用になります!

就活生
就活生

だから、何十社、100社以上受けてる人がいるんだね・・・

さきほど説明した9割というのは、書類選考で落とされる確率ではありません。

一定の学歴さえあれば、書類選考は通ります。

落とされるのは、ESの志望動機を基に行われる・・・

1次面接や2次面接です!

わたしは、面接官でしたが、企業側の評価者である管理職が、エントリーシート(ES)を初めて見るのは、面接直前、あるいは面接中です。

書類選考通過=ESに問題なし、ではありません。

就活生
就活生

なおさら心が折れるよね・・・

どうせ落ちるのに、面接まではいけちゃうんだもんね。

ESには問題ないって判断しちゃうと、戦略の見直しができないしね。

さきほど、「落とす理由」をなくして、「採用する理由」を作る必要があると説明しました。

でも、「採用する理由」を意図的に作るのは、正直難しい。

企業側の、ランダムに決まる面接官が、何を重視するか分からないから。

就活生
就活生

ぶっちゃけ、容姿で決めてるケースもあるよね・・・

だからこそ、採用の基本戦略は、志望動機を作る時に・・・

「落とす理由」を徹底的に排除すること!

これに、必要なのは「辞めなそう」という印象を与えること。

逆に言うと、「辞めるかもしれない」の徹底的な排除!

なぜなら、企業側にとっては社員に辞められることが、一番の痛手になるからです。

とにかく企業側は、優秀な学生を取るよりも・・・

辞める学生を入社させたくない!

そして、優秀な学生を見極めるよりも、辞めそうな学生を見極める方が・・・

はるかに簡単!

企業は、新卒採用した社員に、1、2年で辞められると、どうなるか・・・

  • 採用、教育にかかったお金が無駄になる
  • 若手の離職率が上がる

3年目以内の離職率を下げることに、各社必死に取り組んでいます。

離職率が高いと・・・

  • ブラック企業のレッテルを貼られかねない
  • 優秀な学生が集まらない

だから、離職率は、企業の人事部門の重要数値目標になっています。

内定を勝ち取る志望動機を作る

繰り返しになりますが、とにかく「辞めなそうなこと」をアピールすることが必要!

逆に、アピールしないと、アピールしているライバルに・・・

確実に負けます!

就活生
就活生

どうやってアピールするの?

わたしは、課長職を務めていた時に、学生の面接官をやっていました。

審査項目が10項目くらいあって、それぞれ10段階でスコアをつけます。

その中で、強く重みづけされていたのが、この3つです。

  • ストレス耐性がありそう
  • 職種と業界が絞れている
  • リーダーシップがある

それぞれ、裏を返すと、このような理由で「辞めそうな」学生に該当するからです・・・

  • つらいことがあったら辞めそう
  • なんか違った、合わないで辞めそう
  • 出世・活躍できなくて辞めそう

この審査方法は、大企業であれば、ほぼ共通しています。

なぜなら、大企業の新卒採用は、リクルートに、コンサルティングしてもらっているからです。

毎年、採用活動のシーズンになると、面接官を担当する管理職・役員が、面接官講習を受けます。

わたしも受けていました。

講習の講師は、リクルートです。

面接時に、学生のどこを見るべきか、何を重視して、評価すべきかを叩きこまれます。

まさにそれが、さきほどの3つです。

繰り返しますが・・・

  • ストレス耐性がありそう
  • 職種と業界が絞れている
  • リーダーシップがある

上の3つは業界や業種に関係するものではありません。

大企業は、リクナビを求人に使っているところがほとんど。

つまり、各社、共通しています。

志望動機の作り方の詳しい手順や、具体例は、別記事を用意しています。

【関連記事】志望動機の作成方法の具体的な手順や、大手各社別、職種別の例文を解説しています。

【関連記事】就活の自己PRに必須なことと、NGなことを解説しています。

まとめ:証券会社の就職は難しい?

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

関連記事と共に、まとめと振り返りをさせて頂きます。

<証券会社への就職は難しい?>

  • 難易度は、証券会社の業態によって全然違う
  • 難易度は、職種によって全然違う
  • 入社よりも出世が超難しい!
証券会社の業態就職難易度
大手総合証券会社
インターネット専業証券
準大手証券以下
外資系証券最高
職種就職難易度
営業職
トレーディング部門
投資銀行部門
リサーチ部門
事務・IT部門

【関連記事】証券会社と銀行の仕事や年収などの違いを解説しています。

【関連記事】証券会社の営業の仕事を、詳しく解説しています。

【関連記事】証券会社の仕事内容と4大業務について解説しています。

【関連記事】大手証券会社を比較・解説すると共に、本社の仕事を解説しています。

<証券会社の業務や仕事内容を理解しよう>

  • 証券会社に就職するメリットとデメリット
  • 証券会社が社会に果たす役割
  • 証券会社の将来性と訪れている変化

【関連記事】証券会社に就職するメリットとデメリットを解説しています。

【関連記事】証券会社が社会に果たしている役割を解説しています。

【関連記事】証券会社に将来性がある理由と訪れている変化を解説しています。

<証券会社への就活を有利に進める方法>

  • 証券会社の採用の裏側を理解する
  • 内定を勝ち取る志望動機を作る

【関連記事】志望動機の作成方法の具体的な手順や、大手各社別、職種別の例文を解説しています。

【関連記事】就活の自己PRに必須なことと、NGなことを解説しています。

証券会社の就職に興味を持てた方向けに、書籍や記事を多数取り揃えております。

是非ともご覧下さい!

Amazonでkindle本を出版中です。

試し読みだけでもどうぞ!


証券会社への就職対策完全講座: 元大手証券会社社員が勝てる志望動機を解説

※アンリミテッド会員なら無料購読可

Kindle Unlimitedを30日間無料体験してみる

【関連ガイド記事】証券会社への就職対策完全ガイドです。

【↑本ガイドの概要と掲載記事の一覧↓】

【就職へのSTEP①】証券会社の業務と仕事を知る

  • 証券会社の基本的な業務を理解
  • 証券会社が社会に果たす役割を理解
  • 大手証券会社の各社の特徴、本社の仕事を理解
  • 証券会社の営業の仕事と変化を理解

【就職へのSTEP②】証券会社の将来性に期待

  • 証券会社と銀行の違いと協働を理解
  • 証券会社の将来性と可能性を理解
  • 証券会社に就職するメリットとデメリット

【就職へのSTEP③】金融商品の基礎知識をつける

  • 株式の基礎知識をつける
  • 債券の基礎知識をつける
  • 投資信託の基礎知識をつける
  • 「証券外務員一種」の攻略法を理解

【就職へのSTEP④】証券会社への就職活動開始!

  • 証券会社の種類と職種ごとの就職難易度【本記事で解説済】
  • 勝てる魅力的な自己PRを作る
  • 選ばれる効果的な志望動機を作る

常に変化し続けている最新情報はプロしか持っていません。

専門サイトに登録して非公開の情報を収集する必要があります!

<転職希望者向けおすすめサイト>

まずは大手に登録して情報収集を!

>マイナビ 金融AGENT
>リクナビNEXT
>ハイクラス求人 ビズリーチ

手厚い支援を受けたい方は・・・

>POSI WILL CAREER(ポジウィル キャリア)
>【公式】第二新卒エージェントneo

<新卒就活生へのおすすめサイト>

>キミスカ
企業から選考のスカウトをもらうことができるサービス。 適性検査で、あなたのストレス耐性や価値観傾向などを探れる。

– END –

コメント

タイトルとURLをコピーしました