債券とはなにかを勉強しよう~株式との違いをわかりやすく解説!~

債券とはなにかを勉強しよう~株式との違いをわかりやすく解説!~ 証券会社
こんな人に こんなことを!

・債券とはなにかを1から勉強したい人へ!
・株式との違いをわかりやすく解説!

新社会人
新社会人

投資に興味があるので債券とはなにか勉強したい。でも金融の知識は全くないので、わかりやすく教えて。

こんにちは!たけしです。

では、証券会社で勤務経験があるわたしが。
債券とはなにかをわかりやすく解説します!

まずは株式から知りたい人はこちらを先にどうぞ。

ちなみに、儲け方とか投資手法に関するはなしではありません

純粋に勉強したい人向けに、仕組みの話しをします。

これを読めば、債券、会社、経済への理解が深まる
債券投資を始めたい人も、必読!!

債券とはなにか

わかりやすく一言でいうと

債券とは・・・
お金を「借りたい人」「貸したい人」結びつけた契約書

債券とはなにか、わかりやすく言うと

もっと簡単にいうと、「借金」の「契約書」です。

新社会人
新社会人

借金ってよくないことじゃ…あとお金を貸すのも。返ってくるか分からない。。

では、普通にお金を貸し借りするのとは何が違うか。

その「契約書」に、国や法律が認める「金融制度」のお墨付きがある
信用力があるとも言える。

お金を借りた人は、基本的に必ず返す
そして、利子を払う

お金を貸した人は、基本的に必ず返してもらう
そして、利子を受け取る

債券という「証明書」にこれらが書かれてる。

債券という「契約書」に書かれてること

・いくら貸したか
・いつ、いくら利子を払うか
・いつ、いくら返すか

普通の借金だとこの約束が破られると裁判で争うことに
でも、「債券」は、誕生した瞬間に法律で固く守られてる

貸した人が、本当に返せなくなる場合を除いて・・・
ただし、近年、国内でそのような事例はない。

で、証明書といっても紙があるわけじゃない。
電子化されてる。株式と同じ。

借りる立場から見た場合~いま必要なお金を手に入れる手段~

「発行体」は「債券」を使ってお金を借りる人

なので、人という表現はいまいちかな。。

「債券」は、国や企業しか発行できない。
個人は発行できない。信用力がないから。


「債券」という金融制度を使って広くお金を借りることはできない。
個人は、銀行や消費者金融から借りるしかない
いまだとクラウドファンディングも。。

国や企業が、「債券」という手段でお金を借りるのはなぜか

「いまお金を使いたい」から。こんな理由で。

・いまお金がなくて困っている
・いまお金があれば増やせる

それぞれ代表例を挙げると。

1つ目は、日本国政府が発行する国債
年金や社会保障の財政不足で、お金を借りている。
「いま」をなんとかしのいでいる状態

2つ目が、ソフトバンクの孫さんが発行する社債
数千億調達して、買収や新事業へ投資している。
「いま」あれば、増やす自信がある

貸す立場から見た場合~いま使う必要がないお金を増やす手段~

次は、「債券」を買う人の目線。「投資家」
これも人と言ってるけど、企業が買う場合も。
というか、銀行や保険会社は、ほとんど債券で運用。

なぜ、お金を貸すのか。
人対人であれば人間関係もあるけど、国や会社にお金を貸す理由は。

新社会人
新社会人

相手に万が一の事態が起こった場合、返ってこないんだよね。。

そう。なので、返せる相手か見極めてお金を貸す。

さらに、「いま使う必要がないお金」を貸す。
こんな条件を満たす場合。

・貯金しておくより利子の分得したい
・株式投資のように損するリスクは一切とりたくない

債券の利子はどうやって決まるか

利子は、お金を借りる人、国や企業が決める

利子は、〇〇円ではなくて、〇〇%で表す。
これが「利率」。

銀行預金と同じ。
貸した金額に対して、年間で、何パーセント利子が受け取れるか。

新社会人
新社会人

じゃあ、貸す方は、なるべく低くした方がいいね。。

でも、それだと貸してくれる人がいない

そこで、基準になるのが、銀行預金の金利
「銀行預金より得」じゃなきゃ誰も貸してくれない。

いま、銀行の定期預金は、0.00X%!!

これよりは、高くないといけないから。
個人向け国債の利率は、0.05%

で、国が破綻するより、企業が破綻する可能性の方が高いから。社債は、それより、高くないといけない

なので、ソフトバンク社債の利率は、1%以上

こちら、ご参考まで。。

個人向け国債の利率(財務省HP)
ソフトバンク社債の利率(ソフトバンクグループHP)

債券と株式の違い

この章では、債券の特徴を株式と比較して説明。なんですが・・一覧表でドンと結論をまとめると。

債券株式
取引の仕組み証券会社と直接取引所
取引しやすさ低い高い
価格を決める人証券会社か発行体取引所
経営に口出す権利ないある
利子・配当金の額決まってる利益次第
利子を決める人発行体発行体と株主の合意
投資額損失リスクありあり
倒産した時少しは戻るかも絶望的

で、1つずつ説明すると。。

取引の仕組み~流動性と価格決定~

債券と株式の取引の違い

債券:証券会社と直接取引
株式:取引所で取引(証券会社を経由)

ここで、株式の時の図を使い回し。。

この図の下の「取引所」がない
「証券会社」が「投資家A」「投資家B」と直接、別々に取引。

取引の仕組みの違い~流動性と価格決定~
新社会人
新社会人

どっちも証券会社と取引するんだから、投資家から見れば同じじゃ??

違うのが、「流動性」と「価格」

債券と株式の「流動性」「価格決定」の違い

<流動性>売買のしやすさ
債券:低い、株式:高い
<価格を決める人>
債券:発行体か証券会社、株式:取引所

「流動性」という言葉は、聞きなれないかも。
要するに「売買したい時にできるか」

代表例だと、土地や建物は低い。
限定生産の高級スーパーカーは、超低い。

「流動性」は、債券よりも株式が高い

トヨタの株をその時の株価で買いたいとする。
取引所が開いている平日の日中なら買える。

でも、債券は、このどちらかのタイミングじゃないと買えない。価格を決める人も、この時で変わる

・国や企業が新たに発行する時
→価格を決めるのは、「発行体」
・証券会社が、自分のものを売ってる時
→価格を決めるのは、「証券会社」

国債は定期的に発行されてるけど、社債は不定期。

会社経営に口出しする権利

これは、決定的に違う。

債券と株式の「経営参画権」の違い

債券:ない
株式:株主総会で議決権を持つ

国債買っても政治に意見できない。。
もちろん、社債を買って、その会社が潰れそうな場合でも一緒。

経営に意見する権利は、全くない

株式は保有株数に応じた議決権が与えられます。
詳しくは冒頭紹介の記事をどうぞ・・・

利子の決まり方と受け取り方の違い

債券の「利子」にあたるものが、株式の「配当金」
で、これらの違いは何か。

結論から言うと、債券の「利子」は、あらかじめこの2つが決まってる。
・「金額」
・「払うタイミング」

株式の「配当金」は、企業の利益によって変わる。「払うタイミング」は、年1回、2回というのは決まってる。でも、業績が悪いと払わない

利子と配当金の「決まり方」の違い

債券の利子:発行した時から決まっている
株式の配当金:企業の利益によって決まる

利子と配当金を「決める人」の違い

債券の利子:発行体
株式の配当金:発行企業(取締役会)と株主(株主総会)

利子と配当金の「払うタイミング」の違い

債券の利子:発行した時から決まってる
株式の配当金:利益が低い場合は払わない

投資金の返済要否と期限の違い

そもそも株式は、借金じゃないので、「返済」という概念はないんだけど。

債券と株の「返済要否と期限」の違い

債券:ある。発行時に期限が決められる。
株式:ない。

なので、株式は、自分で売却タイミングを見極める必要がある。

保有し続けて、子孫に相続する選択肢もある。

リスクの違い~発行する会社が倒産したら~

これは、基本的に、債券も株も同じ

投資金額を全て損する可能性は、どちらもある

ただし、株も債券も「有限責任」
100万円投資したら、損失の上限は、100万円。

あと、発行体が、経営破綻、債務不履行に陥っても。少しは戻ってくる可能性があるのは債券。

その企業に、返せるお金が残っていれば。。
倒産して法的に整理される過程で、借金返済に回される。

実際に、日本企業も、JALをはじめ債務不履行となった会社も。

株式は、倒産したら、基本的に、価値はゼロに。

ということなので、株式も債券も、出資する相手を見極めることに変わりなし!

では、以上とります。
債券に興味を持たれた方は、実際に、投資してみるとより理解が深まるはず。。


ただし、余裕資金で!

– END –

コメント

タイトルとURLをコピーしました