投資信託とは…分散投資をわかりやすく図解!【株式・債券との比較表も】

投資信託とはなにかを勉強しよう~株式との違いをわかりやすく解説~証券会社
こんな人に こんなことを!
  • 投資信託とはなにかをゼロから勉強したい人へ!
  • 投資信託の仕組みを「図」で、わかりやすく解説します!
  • 分散投資の特徴と目的を「具体例」で、わかりやすく解説します!
  • 株式・債券との違いを「比較表」で、わかりやすく解説します!
新社会人
新社会人

投資に興味があるので投資信託とはなにか勉強したい。

でも金融の知識は全くないので、わかりやすく教えて。

こんにちは!たけしです。

では、大手証券会社で、17年間の勤務経験があるわたしが。

投資信託とはなにか、をわかりやすく解説します!

ただし、儲け方とか投資手法に関するはなしではありません。

仕組みの話しをします。

純粋に勉強したい人向け!

この記事を読めば、これらが理解できます。

  • 投資信託の特徴と仕組みが理解できる!
  • 株式・債券との違いが理解できる!
  • 証券の主要3商品の理解が深まる!

Amazonでkindle本を出版中です。

試し読みだけでもどうぞ!


証券会社への就職対策完全講座: 元大手証券会社社員が勝てる志望動機を解説

※アンリミテッド会員なら無料購読可

Kindle Unlimitedを30日間無料体験してみる

投資信託とはなにか【特徴と仕組みをわかりやすく解説】

投資信託をわかりやすく一言でいうと

  • 株式や債券への「分散投資」を勝手にやってくれる商品
  • 個人が「少額」で「分散投資」できる商品
投資信託とはなにか【特徴と仕組みをわかりやすく解説】

では、投資信託とは…

  • 「誰が」
  • 「なにを」
  • 「どうやって」
  • 「なにを得る」

のか!

「誰が」:
運用会社=運用の専門家が

「なにを」:
多くの投資家から集めたお金を

「どうやって」:
株式や債券に幅広く「分散投資」して

「なにを得る」:
株の配当金、債券の利子、売却益などの「リターン」を得る

このリターンが…

投資信託の「分配金」

株式の配当金や、債券の利子にあたるもの。

投資信託を保有することで、定期的に受け取れるお金。

「分散投資」は、投資信託の最大の特徴。

これを個人がやるのは…

面倒だしコストがかかる。

そのあたりを2章で解説します。

その前に投資信託の仕組みを簡単に。

投資信託の仕組みとは【3人の登場人物】

その仕組みを解説するとこんな図に。。

なんとなく理解できればOK!

投資信託の仕組みとは【3人の登場人物】

①投資家:投資信託を購入する人
💸の動き:購入代金を払う、分配金を得る

②販売会社:投資信託を販売する会社
💸の動き:投資家と運用会社の橋渡し、手数料を得る
例)野村證券、SBI証券、みずほ銀行

③運用会社:投資信託を運用する会社
💸の動き:集めたお金を運用して増やす、分配金を出す
例)野村アセットマネジメント

実は4人目の登場人物がいるんですが。。

「信託銀行」。

実際にお金を預かって運用するのは、実はこの人。

でも「運用会社」の指示に従うだけなので、意識する必要なし。

投資信託の最大の特徴「分散投資」の2つの目的とは

分散投資で「分散」してるのは「お金」。

分散投資の目的は、この2つ。

  • 目的①:お金を失うリスクを回避すること
  • 目的②:リスクに応じたリターンを自分で設定すること

分散投資の目的①:お金を失うリスクを回避

目的1:お金を失うリスクを回避

お金がある人ほど、資産運用の大きな目的は…

増やすことより失わないことになる

全ての財産を1つの銀行に預金する。

お金持ちはこんなことは絶対にしない。

なぜなら、その銀行が破綻したら…

全財産を失うから

正確には、ペイオフという制度で、1,000万円だけ保障されるけど…

なので、円預金だけでなく、他に資産を分散させる。

  • 外貨預金
  • 国債
  • 国内株式
  • 外国株式

どれかの価値がゼロになっても、被害は限定的。

逆に、どれかの価値がゼロになると…

どれかの価値は上がる関係になってる

株式の価値が下がれば、債券の価値は上がる。

分散投資により…

自分の資産が全て失われるのを防げる

分散投資の目的②:リスクとリターンを自分で決める

目的2:リスクとリターンを設定

お金がない人でも「ある程度」…

リスクとリターンを決めれるが投資信託

全財産10億円を日本国債で運用すると。

リスクは少ないけど、年間0.05%、50万円のリターン。

リターンが小さい

高配当の株式1銘柄で運用すると。

年間5%、5,000万円のリターン。

大きなリターンが得られる

でもその会社が倒産したら・・・

最悪全財産を失う

そこで…

  • 8億円を国債
  • 2億円を株式

に分散すると。

得られるリターンは…

  • 国債:年間40万円
  • 株式:年間1,000万円
  • トータル:年間1,040万円

約1%のリターンを得ることに

リスクがぐっと下がる一方で、リターンが減る。

「分散投資」は、このパーセンテージを…

自分で決めれる

多くの国、企業、通貨に分散させるほど…

  • ・細かくパーセンテージが設定できる
  • ・全財産を失うリスクが減る

でも、お金が少ない個人には無理。

商品によっては…

最低購入価格が、数百万円

多くの商品を買うと…

手数料が割高

なので、そんな個人が、投資信託を選ぶ。

自分のリスクとリターンに見合う商品を探す。

投資信託と株式・債券の違いとは【価格、分配金など…】

投資信託と株式・債券の比較表から…

なんですが、これらを解説してきますので、まずざっと目を通して下さい!

投資信託株式債券
「価格」の呼び方基準価格株価債券価格
「価格」を決める人運用会社取引所証券会社
「価格」を決める時1日1回時々刻々証券会社の自由
値段指定の注文できないできるできない
リターンの呼び方分配金配当金利子
リターンを決める人運用会社発行企業と株主発行企業
リターンの頻度毎月 or 年1、2回年1、2回年1、2回
議決権なしありなし
投資金の償還あり/なし
(商品による)
なしあり
償還金額決まってない決まってる
投資金を失うリスクありありあり
リスクの限度有限有限有限

投資信託の価格はどうやって決まるのか

価格はどうやって決まるのか

まず、ややこしいことに…

価格の「呼び方」が違う!

  • 投資信託:「基準価額」
  • 株式:「株価」
  • 債券:「債券価格」

株式・債券とは「価格」を…

  • 「決める人」
  • 「決めるタイミング」

が違う。

  • 投資信託:「運用会社」が「1日に1回」決める
  • 株式:「取引所」が「取引時間中に刻々と」決める
  • 債券:販売する「証券会社」が「自由に」決める

大きく注意する点は。

投資信託は、株式と違い…

値段を指定した注文はできない

株式は「指値注文」という値段を指定した注文ができる。

もちろん、売買が成立するとは限らないけど…

投資信託は「口数」つまり…

売買する数量のみを指定

株式でいう「株数」。

さらに、前日の価格を参考にして、注文を出す。

当日、いくらで買えるかは、分からない。

価格指定できないのは、債券も同じ。

証券会社の指定した価格で、買うか買わないか決めるだけ。

投資信託の分配金はどう決まり、いつ払われるか

分配金はどう決まり、いつ払われるか

定期的に得られるリターンの呼び方が違う…

  • 投資信託:分配金
  • 株式:配当金
  • 債券:利子

そして、「金額」を誰が決めるか…

  • 投資信託:「運用会社」が決める
  • 株式:「発行企業」と「株主」が決める
  • 債券:「発行企業」が発行時に決める

株式と違うのは…

  • 投信を買っても株主の権利はない(債券と同じ)
  • 分配金に文句は言えない

運用成績が悪いと…

分配金が出ない場合もある

債券は、発行体が債務不履行におちいらない限り…

利子は支払われる

まあ、株式も少数株主の意見は弱いから…

基本的に配当金に文句言えないけど

次に「いつ」もらえるか…

  • 投資信託:「毎月」「半年に1回」「年1回」と商品により異なる
  • 株式・債券:年1回か2回

大きな違いは、分配金…

毎月出る商品がある

「毎月分配型」と呼ばれる投信。

株式と債券にこれはない。

投資信託の保有者に株式の議決権はない

分配金はどう決まり、いつ払われるか

株式に分散投資する投資信託の保有者に…

株式の議決権はない

当然、株式の保有者は…

株主総会で議決権を持つ

ある投資信託が、トヨタ株に投資。

この投資信託を保有する投資家に、トヨタの株主権利はあるか。

ありません

これは債券も同じ。

では、運用会社の運用方針に口出しする権利は…

これもない

あらかじめ、投資方針に合意して投資信託を購入しているから。

逆にいうと、運用会社は、方針の範囲でしか運用できない。

  • 「株式には投資しない」
  • 「年2%リターンを目標」

などの方針を決めるので、これを守る。

投資信託の投資金の返済・償還があるか

投資金の返済要否~償還があるか~

運用を終了する日を「償還日」という。

「償還日」があるかないかの違いが…

  • 投資信託:ある場合とない場合がある
  • 株式:ない
  • 債券:ある

償還日には、残った資金を投資家に返済する。

投資信託は「償還日」のあり/なしが商品によって違う。

債券にも「償還日」がある。

個人向け国債なら5年後とか。

ただ、償還金の金額には、違いが…

投資信託:金額が決まってない
債券:金額が決まってる

投資信託の償還金は…

運用資産の残金で変わる

投資元本を失うリスクの違い

投資元本を失うリスクの違い

これは全商品同じ。

投資金額全額を失うリスクがある

ただし、全商品同じく…

「有限責任」

100万円投資したら、100万円以上失うことはない。

まとめ:投資信託の仕組みと分散投資の目的、債券・株式との違い

では、最後は、まとめとなります

投資信託とは…

  • 株式や債券への「分散投資」を勝手にやってくれる商品
  • 個人が「少額」で「分散投資」できる商品
投資信託とはなにか【特徴と仕組みをわかりやすく解説】
投資信託の仕組みとは【3人の登場人物】

分散投資の目的とは…

  • 目的①:お金を失うリスクを回避すること
  • 目的②:リスクに応じたリターンを自分で設定すること

<投資信託と株式・債券の比較表>

投資信託株式債券
「価格」の呼び方基準価格株価債券価格
「価格」を決める人運用会社取引所証券会社
「価格」を決める時1日1回時々刻々証券会社の自由
値段指定の注文できないできるできない
リターンの呼び方分配金配当金利子
リターンを決める人運用会社発行企業と株主発行企業
リターンの頻度毎月 or 年1、2回年1、2回年1、2回
議決権なしありなし
投資金の償還あり/なし
(商品による)
なしあり
償還金額決まってない決まってる
投資金を失うリスクありありあり
リスクの限度有限有限有限

では、以上となります。

投資信託に興味を持たれたあなたは、

実際に、投資をしてみると…

より理解が深まるはず!

ただし、余裕資金の範囲で!

Amazonでkindle本を出版中です。
興味のある方は、是非ともお読み下さい!


証券会社への就職対策完全講座: 元大手証券会社社員が勝てる志望動機を解説

※アンリミテッド会員なら無料購読可
>Kindle Unlimitedを30日間無料体験してみる

【関連記事】株式と債券も勉強したくなった方は、こちらの記事もあわせてお読み下さい!

【関連記事】口座開設をして、証券投資を始めてみたい方には、ネット証券がおすすめです!

証券会社への就職に興味を持っている方!

就活のお役に立てそうな記事を多数ラインナップしております。ご活用下さい!

【関連ガイド記事】証券会社への就職対策完全ガイドです。

【↑本ガイドの概要と掲載記事の一覧↓】

【就職へのSTEP①】証券会社の業務と仕事を知る

  • 証券会社の基本的な業務を理解
  • 証券会社が社会に果たす役割を理解
  • 大手証券会社の各社の特徴、本社の仕事を理解
  • 証券会社の営業の仕事と変化を理解

【就職へのSTEP②】証券会社の将来性に期待

  • 証券会社と銀行の違いと協働を理解
  • 証券会社の将来性と可能性を理解
  • 証券会社に就職するメリットとデメリット

【就職へのSTEP③】金融商品の基礎知識をつける

  • 株式の基礎知識をつける
  • 債券の基礎知識をつける
  • 投資信託の基礎知識をつける【本記事で解説済】
  • 「証券外務員一種」の攻略法を理解

【就職へのSTEP④】証券会社への就職活動開始!

  • 証券会社の種類と職種ごとの就職難易度
  • 勝てる魅力的な自己アピールを作る
  • 選ばれる効果的な志望動機を作る

常に変化し続けている最新情報はプロしか持っていません。

専門サイトに登録して非公開の情報を収集する必要があります!

<転職希望者向けおすすめサイト>

まずは大手に登録して情報収集を!

>マイナビ 金融AGENT
>リクナビNEXT
>ハイクラス求人 ビズリーチ

手厚い支援を受けたい方は・・・

>POSI WILL CAREER(ポジウィル キャリア)
>【公式】第二新卒エージェントneo

<新卒就活生へのおすすめサイト>

>キミスカ
企業から選考のスカウトをもらうことができるサービス。 適性検査で、あなたのストレス耐性や価値観傾向などを探れる。

– END –

コメント

タイトルとURLをコピーしました