投資信託とはなにかを勉強しよう~株式との違いをわかりやすく解説~

投資信託とはなにかを勉強しよう~株式との違いをわかりやすく解説~ 証券会社
こんな人に こんなことを!

・投資信託とはなにかを1から勉強したい人へ!
・分散投資とはなにか、株式との違いを解説!

新社会人
新社会人

投資に興味があるので投資信託とはなにか勉強したい。でも金融の知識は全くないので、わかりやすく教えて。

こんにちは!たけしです。

では、証券会社で勤務経験があるわたしが。
投資信託とはなにかをわかりやすく解説します!

【関連記事】今回は、この2つの証券勉強シリーズの第3弾!

興味がある方はこちらも合わせてどうぞ。

これまで同様に、儲け方とか投資手法に関するはなしではありません

純粋に勉強したい人向けに、仕組みの話しをします。

これを読めば、投資信託の特徴と仕組みが理解できる投資を始めたい人も、必読!!

投資信託とはなにか~特徴と仕組み~

わかりやすく一言でいうと

・株式や債券への「分散投資」を勝手にやってくれる商品
・個人が少額で「分散投資」できる

投資信託とはなにか~最大の特徴と仕組み~

これらの要素をまとめると。
「誰が」「なにを」「どうやって」「なにを得る」

「誰が」
運用会社=運用の専門家が

「なにを」
多くの投資家から集めたお金を

「どうやって」
株式や債券に幅広く「分散投資」して

「なにを得る」
株の配当金、債券の利子、売却益などの「リターン」を得る

このリターンが、投資信託の「分配金」

株式の配当金や、債券の利子にあたるもの。投資信託を保有することで、定期的に受け取れるお金。

「分散投資」が、投資信託の1番の特徴。これを個人がやるのは、面倒だしコストがかかる

そのあたりを2章で解説します。
ので!その前に仕組みを簡単に。

投資信託の仕組み~3人の登場人物~

その仕組みを解説するとこんな図に。。
なんとなく理解できればOK!

投資信託の仕組み~3人の登場人物~

一応、文章でも書いておくと。

①投資家:投資信託を購入する人
 💸の動き:購入代金を払う、分配金を得る

②販売会社:投資信託を販売する会社
 💸の動き:投資家と運用会社の橋渡し、
      手数料を得る
 例)野村證券、SBI証券、みずほ銀行

③運用会社:投資信託を運用する会社
 💸の動き:集めたお金を運用して増やす、
      分配金を出す
 例)野村アセットマネジメント

実は4人目の登場人物がいるんですが。。
「信託銀行」。実際にお金を預かって運用するのは、実はこの人。

でも、「運用会社」の指示に従うだけなので、意識する必要なし。

投資信託の最大の特徴「分散投資」とは

分散投資の2つの目的

分散投資で「分散」してるのは「お金」
分散投資の目的は、この2つ。

・お金を失うリスクを回避すること
・リスクに応じたリターンを自分で設定すること

目的1:お金を失うリスクを回避

目的1:お金を失うリスクを回避

お金がある人ほど、これが大きな目的になる。

全ての財産を1つの銀行に預金する。
お金持ちはこんなことは絶対にしない。

なぜなら、その銀行が破綻したら、全財産を失うから。正確には、ペイオフという制度で1,000万円だけ保障されるけど…

なので、円預金だけでなく、他に資産を分散させる。
外貨預金、国債、国内株式、外国株式。。

どれかの価値がゼロになっても、被害は限定的。
逆に、どれかの価値がゼロになると、どれかの価値は上がる。

株式の価値が下がれば、債券の価値は上がる。

目的2:リスクとリターンを設定

目的2:リスクとリターンを設定

お金がない人でも「ある程度」これができるのが投資信託

全財産10億円を日本国債で運用すると。

リスクは少ないけど、年間0.05%、50万円のリターン。リターンが小さい…

高配当の株式1銘柄で運用すると。

年間5%、5,000万円のリターン
でもその会社が倒産したら・・・
最悪全財産を失う

そこで、8億円を国債、2億円を株式に分散すると。
国債から、年間40万円。
株式から、年間1,000万円。
トータル、年間1,040万円。
約1%のリターンを得ることに。

リスクがぐっと下がる一方で、リターンが減る。

このパーセンテージを自分で設定できるのが「分散投資」多くの国、企業、通貨に分散させるほど、この2つが!

・自由に細かくパーセンテージが設定できる
・全財産を失うリスクも減る

でも、お金が少ない個人には無理。
商品によっては、最低購入価格が、数百万円
多くの商品を買うと、手数料が割高

なので、そんな個人が、投資信託を選ぶ
自分のリスクとリターンに見合う商品を探す

投資信託と株式の違い~価格、分配金など~

価格はどうやって決まるのか

価格はどうやって決まるのか

「決める人」「決めるタイミング」が違う。

・投資信託:運用会社が、1日に1回決める
・株式:取引所が、取引時間中に刻々と決める

そして、「呼び方」も違う。

・投資信託:「基準価額」
・株式:「株価」

大きく注意する点は。

投資信託は、株式と違い、値段を指定した注文はできない

株式は、「指値注文」という値段を指定した注文ができる。もちろん、売買が成立するとは限らないけど…

投資信託は、「口数」、つまり数量のみを指定
株式でいう「株数」。

さらに、前日の価格を参考にして、注文を出す。
当日、いくらで買えるかは、分からない。

分配金はどう決まり、いつ払われるか

分配金はどう決まり、いつ払われるか

まず、「金額」を誰が決めるか

・投資信託:「運用会社」が決める
・株式:「発行企業」と「株主」が決める

株式と違うのは、株主の権利はないので、文句は言えない。運用成績が悪いと、出ない場合もある。

まあ、株式も少数株主の意見は弱いけど・・・

次にいつもらえるか。

・投資信託:毎月、半年に1回、
      年1回と商品により異なる
・株式:年1回か2回

大きな違いは、分配金は、毎月出る商品がある。

株式にこれはない。

分配金はどう決まり、いつ払われるか

分配金はどう決まり、いつ払われるか

投資信託:ない
株式:株主総会で議決権を持つ

ある投資信託が、トヨタ株に投資。
この投資信託を保有する投資家に、トヨタの株主権利はあるか。

ありません。
債券と同じで「議決権」はない。

では、運用会社の運用方針に口出しする権利は。。

これもない。

あらかじめ、投資方針に合意してその投資信託を購入しているから。

逆にいうと、運用会社はその方針の範囲でしか運用できない。

「株式には投資しない」とか「年2%リターンを目標」とか決めるので、これを守る。

投資金の返済要否~償還があるか~

投資金の返済要否~償還があるか~

投資信託:ある場合とない場合がある
株式:ない

運用を終了する日を「償還日」という。
残った資金を投資家に返済する日。

投資信託は、「償還日」のあり/なしが商品によって違う。

債券と比較した方がいいかも。。

債券にも償還日がある。
債券は、償還金額が決まってる
投資信託は、決まってない
償還する時の運用資産の残金で変わってくる。

投資元本を失うリスクの違い

投資元本を失うリスクの違い

これは同じ。

投資信託も株式も、投資金額全額を失うリスクがある

ただ、同じなのが「有限責任」であること。
100万円投資したら、100万円以上失うことはない。

債券も同じ。

では、以上とります。
投資信託に興味を持たれた方は、実際に、投資してみるとより理解が深まるはず。。

ただし、余裕資金で

【関連記事】証券投資を始めてみたい人には、ネット証券がおすすめです。

– END –

コメント

タイトルとURLをコピーしました