証券会社の役割とは【元社員が社会に果たす4つの役割を解き明かす】

証券会社の役割とは?悪の集団?~大手証券が果たす4つの役割~ 業界研究/就職対策したい!
就活生
就活生

証券会社を就活で候補にしようか迷ってる…

でも、証券会社ってお金もうけ第一主義の会社じゃないの?

社会に果たしてる役割ってあるの?

なければ志望したくないんだけど…

結論から!証券会社の4つの役割
  • 役割①:お金の流れを作ってる
  • 役割②:取引を活性化してる
  • 役割③:お金が「いま必要な人」と「将来増やしたい人」をつなげてる
  • 役割④:資産運用の助言と情報提供

こんにちは!たけしです。

実は、学生時代、わたしもこんなイメージでした。

でも違います!

実際に証券会社で仕事をして、真の役割を理解した。

そして辞めた今だからこそ、遠慮なく本音で解説します。

この記事を読めば、証券会社が社会に果たしている役割が理解できる!

印象が変わって、興味が持てる!

興味が持てたら、就職活動に挑戦して下さい!

証券会社の4大業務と4つの役割

証券会社を、一言でいうと…

「有価証券」を「取り扱う」会社

有価証券は、「株式」「債券」「投資信託」など。

「取り扱う」とは、この4つの業務を行うこと。

  • 売買注文の取次ぎ:ブローカー業務
  • 自己売買:ディーリング業務
  • 新たな証券の引受け・販売:アンダーライティング業務
  • 新たな証券の販売代行:セリング業務

詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ!

本記事は、この4大業務に関連付けて、4つの役割を説明。

ただ、3つ目と4つ目は、同じ役割なので合体!

就活生
就活生

じゃあ全部で3つじゃん。記事のタイトル直しなよ…

いや、実は、4大業務以外にも重要な業務があった。

それを4つ目の役割として説明。

では、1つずついきましょう!

証券会社の役割①:お金の流れを作ってる

4大業務その1!

売買注文の取次ぎ:「ブローカー業務」

によって、証券会社が果たしてる役割。

  • 取引市場の秩序を保っている
  • 経済の好循環の流れを作っている

証券取引市場の秩序を保ってる

証券を売りたい人と買いたい人をつなげる。

実際にそれをやるのは「取引所」

株式であれば「東京証券取引所」

取引所に注文を取り次いでいるが「証券会社」

就活生
就活生

証券会社なんていらないじゃない?

別に個人が直接、取引所に注文出せばいじゃん…

ネット証券ってそうなんじゃないの?

違います!!

証券会社が、きちんとチェックしている。

投資家1人1人、1つずつの注文を。

ネット証券は、全てシステムでチェックしてるだけ。

大手証券も大部分はシステムでやってる。

こんなことをチェック!

  • 購入資金があるか?
  • 売却するだけの株式を持っているか?
  • 株価操作目的の不正注文じゃないか?

さらにその前の段階。

証券会社に口座を開く時にも、審査をしている。

  • 反社会的勢力じゃないか?
  • 自身を偽装していないか?

個人が直接、取引所に注文を出すと、秩序が保てない。

証券会社が取引市場の秩序を保っている!

経済の好循環の流れを作っている

経済活動の血液と言えるのがお金の流れ。

全身に、絶え間なく、流れ続けないといけない。

証券を買いたい人と売りたい人。

こんな関係にある!

  • 証券を買いたい人:余っている現金を投資に回したい
  • 証券を売りたい人:現金を手にして何かに使いたい

その結果どうなるか。

貯金されていただけのお金
→株式市場に流れ込む
→企業の経済活動に活用

株式でもうかったお金
→株式市場の外に出る
→個人の経済活動に活用

就活生
就活生

株式市場、企業からすると、プラスマイナスゼロじゃない?

確かに、その瞬間だけ見るとそう。

このペアだけ見るとそう。

企業からすると、経済活動に使えるお金が増えるわけじゃない。

ただ、これが、大量に発生するとどうなるか。

個人の経済活動に活用されるお金が増える

そして、その先は…

  • どこかの企業が利益を上げる
  • 株価が上がる
  • 配当金を投資家に出す
  • そのお金がさらに投資に回る
  • あるいは消費に回る

こんな経済の好循環を作り出すことができる!

証券会社は、経済全体の仕組みの一部を担っている

証券会社の役割②:取引を活性化してる

4大業務その2!

自己売買:「ディーリング業務」

によって、証券会社が果たしてる役割。

  • 取引の流動性を高めている
  • 証券の魅力を維持している
就活生
就活生

待ってましたー!これこれ!

さすがにこれは証券会社が金もうけのためにやってるでしょ

自分達だけ、頭のいい人とか高速システム使って、もうけてる

弱者から利益を奪ってんだよ…

完全に否定することはできない。。

自己売買は、もうけることも1つの目的。

ただ、大手証券会社に関しては、この業務にそこまで力を入れていない。

なぜなら。

この2つを強みを活かすビジネスモデルだから。

  • 多くの顧客を抱えている
  • 多種多様な商品・サービスを提供する
就活生
就活生

いや、だから多くの顧客から集めたお金で、取引してもうけてるんでしょ

それはない!

法律で禁止されている。

投資家の証券とお金には手を付けられない。

自己売買はあくまで、自分のお金でやるもの。

もちろんもうけることも目的。

でも、もう一つ大きな目的・役割がある。

取引を活性化すること

「流動性」を高める、とも言われる。

取引は相手がいないと成立しない。

証券を取引できない。つまり…

  • 「買いたい時に買えない」
  • 「売りたい時に売れない」

これは、証券自体の魅力を大きく下げる。

だから、証券会社自体も1投資家となり取引に参加。

多くの注文を高速で小刻みに出している。

でも、取引成立の瞬間、その2者間では、損も得もない。

同じ株数、同じ金額で、売買するだけ。

なるべく多くの投資家の期待に応じることで…

証券の魅力を維持している

証券会社の役割③:「いま」と「将来」をつなげてる

4大業務その3と4!

・新たな証券の引受け・販売:「アンダーライティング業務」
・新たな証券の販売代行:「セリング業務」

によって、証券会社が果たしてる役割。

この2者をつないでいる

  • 「いま」お金が必要な国や企業
  • 「将来」お金を増やしたい人

新たな証券を発行する国や会社の目的は?

目先の資金調達

国債を発行する国であれば。

目先の社会保障費。

社債を発行するソフトバンクであれば。

グループを成長させるための企業買収。

じゃあその発行される証券を買う、個人や企業の目的は?

  • 将来、増やして返してほしい
  • 将来、価値が高まることを期待している

こう思ってるから…

  • いまは他に使うことはない
  • 貯金しておくくらいなら、投資したい

証券会社が、この2つの目的を、つなぎ合わせている。

  • いますぐに使う必要のないお金を
  • いまどうしても使いたい人に流している

1つ目の役割と本質は同じ。

経済活動の血液であるお金の流れを作っている。

1つ目と少し意味が変わるのは…

「新たな証券」を発行すること

これは、

この世に「新たな価値」を産み出している

血液で例えると。

  • 1つ目の役割:「既につながってる血管の血流を保つ」
  • 3つ目の役割:「新たな血管を作り、新たな血流を生む」

新たな経済活動を生み出すため仕組み作り

この役割を担っているのが証券会社。

証券会社の役割④:資産運用の助言と情報提供

ここで4大業務以外の業務が登場!

・投資アドバイザリー業務
・リサーチ業務

これまでは、社会全体、経済全体に果たす役割。

最後は、基本的には、各証券会社のお客さま。

各投資家に果たす役割について。

もちろん、最終的には経済全体の活性化につながるんだけど…

資産運用の助言~機会損失の回避~

こんな人、実はすごく損をしている…

  • 全額貯金をしている人
  • その額がすごく多い人
  • 数千万円、1億円以上
  • さらに無利子の普通預金
就活生
就活生

損はしてないでしょ

利子はほぼゼロだけど…

株とか買う方が損するかもしれないじゃん

仮に1億円を国債に投資すると。

利率0.05%だから、年間5万円。

利率1%の社債に投資すると。

年間100万円。

何もしなくて、手に入る。

この機会を損失している

もちろん税金は20%かかるけど。

国債であれば手数料はかからない。

さらに、とんでもないリスクを抱えている!

1億円を貯金している銀行が破綻すると。

ペイオフという制度で1,000万円は保証されるけど。

9,000万円を失う。

全額貯金しているのは、銀行という1企業に全額投資してるのと同じ。

貯金が安全だというのは、昔の人の妄想。なぜなら…

  • 銀行よりも、国が破綻する確率の方が低い
  • 銀行よりも、経営が安定している企業もある

それを知らないこんな人が、日本には多い。

  • 何もしなくても利益を得れる機会を失っている人
  • 資産を失うリスクを抱えている人

このような人たちの資産を守るために。

この助言をするのが証券会社の役割!

  • 「安全資産への投資」
  • 「分散投資」

当然、リスクをとって大きなリターンを得たい人もいる。

その時には、「ハイリスク・ハイリターンの商品」をすすめることもある。

就活生
就活生

助言してもらお!

残念ながら、数百万円しか資産がない人。

大手証券会社からは相手にされない。

担当者がついて個別に助言を受けることはない。

オンライントレードかコールセンターでのご対応となります…

資産運用のための客観的な情報提供

残念ながら、お金があまりない人は、直接助言は受けれない。

でも、情報提供は受けることができる。

大手証券会社は、必ず、リサーチ部門が独立して存在。

これらを何百人が分担して、リサーチしている。

  • 株式市場全体、債券市場全体のリサーチ
  • 個別銘柄のリサーチ
  • 各業界動向のリサーチ

結果を公式見解として公表する役割を担っている。

特別なお客さまにだけ公開している情報もあるけど…

HPで無料で公開してる情報も多い。

そして、リサーチ部門は「独立して存在」してるのがポイント。

営業部門や自己売買部門などとは、切り離されている。

公平・中立な立場でリサーチするのが役割。

営業部門から、こんなことを言われて従うことはない。

  • 「この商品を売りたいからいいこと書いてよ!」
  • 「この商品を持ってるお客さん多いから、悪いことは書かないでよ!」

投資家のために有益な情報を発信するよう規制されている。

最後に:証券会社の役割を理解して興味が持てたら…

はい。では、以上となります!

簡単にポイントをまとめます。

<証券会社の役割①:お金の流れを作ってる>

  • 取引市場の秩序を保っている
  • 経済の好循環の流れを作っている

<証券会社の役割②:取引を活性化してる>

  • 取引の流動性を高めている
  • 証券の魅力を維持している

<役割③:「いま」と「将来」をつなげてる>

この2者をつないでいる

  • 「いま」お金が必要な国や企業
  • 「将来」お金を増やしたい人

<役割④:資産運用の助言と情報提供>

  • 資産運用の助言~機会損失の回避~
  • 資産運用のための客観的な情報提供
就活生
就活生

なるほどー。印象が全く変わりました!

証券会社も就活で回ってみます。

それはうれしいです!

是非、就職活動をしてみて下さい。

その時、お役に立てそうな記事を多数ラインナップしております。

合わせてご覧下さい。よろしくお願いします!

– END –

コメント

タイトルとURLをコピーしました