SEのキャリアパスを解説!仕事の流れと役割分担も【就活生向けに】

SEの仕事の流れとキャリアパスを解説~就活生向け!~ SE
こんな人に こんなことを!
  • SEの仕事を知りたい全就活生へ!
  • キャリアパスと仕事の流れを解説します!
就活生
就活生

SEに興味があります。

仕事内容を教えて下さい。

学生のぼくでも分かるようにお願いします。

こんにちは!たけしです。

では、学生にも分かるように解説します。

SEの仕事に17年間、身を捧げたわたしが!

これを読むだけで…

他の就活生とは圧倒的な差がつく!

面談・面接でこんな質問を繰り出してみよう。

  • 「SEのキャリアパスのうちプロジェクトマネージャーに興味があります」
  • 「御社ではなれますか?何年目くらいでなれるのか教えて下さい。」

こう思われて評価が上がる!

「おっ!きちんと業界研究してる学生だな」

就活生
就活生

なるほど…もう結構です!

待ちなさい!

知ったかぶって使ったら、こんな逆質問されるかもよ…

「なんでプロジェクトマネージャーに興味があるの?」

答えられなきゃ…落ち確定

本記事を読んで、理解を深めて下さい!

SEのキャリアパスの流れと4つの注意点

SEの一般的なキャリアパス

SEの一般的なキャリパスの流れ

SEの一般的なキャリアパスです。

カッコ内は、わたしの実績年数。

①プログラマー(1年)
※PGと呼ばれる
 ↓
②設計者、開発チームリーダー(4年)
※プロジェクトリーダー(PL)とも呼ばれる
 ↓
③プロジェクトマネージャー(4年)
※PMと呼ばれる
 ↓
④部課長(あがり)

実績年数は、あくまで最短の目安。

わたしは社内SEだったので、早かっただけ。

そのあたりを踏まえた注意点を次に説明します。

SEのキャリアパスの4つの注意点

  1. 各キャリアパスの年数は会社によって大きく違う
  2. 早く上がればいいってわけじゃない
  3. 上からきれいに流れるわけじゃない
  4. 会社の業態によって「やらない」「できない」もある

1つ目の注意点。

さきほどのキャリアパス事例は、あくまでわたしの実績。

一般的には、プログラマーで…

3年から5年かかることも多い

特に、こんな会社では、PGのキャリアが長くなる。

  • 大手IT会社やメーカー系のシステム子会社
  • ソフトウェア開発専門会社

ただ、それが悪いというわけじゃない。。

豊富な経験と高い技術が身につく

2つ目の注意点。

必ずしも…

早く上がればいいってわけじゃない

スキルがないまま、PLやPMになってもこんなデメリットがある。

  • 開発メンバーと技術的な会話ができない
  • 技術的な課題を解決できない
  • 転職も独立もできない

3つの目の注意点。

SEのキャリアパスは…

上からきれいに流れるわけじゃない。

常に1つのプロジェクト、案件に専任で入るわけじゃない…

  • プログラマーしながら、小さな案件で、設計
  • 設計しながら、小さな案件で、プロジェクトマネージャー

こんなことが普通にある。

4つ目、最後の注意点。

会社の業種・業態によって…

「やらない」「できない」がある

さきほど挙げた例だと…

開発の下請けが中心のソフトウェア会社では…

プロジェクトマネージャーにはなれないことも

SEの業種・業態には、こんなものがある。

  • 社内SE、ユーザー系子会社
  • メーカー系SIer、独立系大手SIer
  • 独立系小規模
  • ソフトウェア会社
  • フリーランス

上から順に…

キャリアパスが早く上がる

SEの仕事、システム開発の流れと役割分担

SEの仕事の全体の流れ

各キャリアパスの仕事内容を説明する前に…

システム開発のざっくりとした仕事の流れを理解しましょう!

就活生
就活生

えーーー

さっさと各キャリアパスの仕事内容を知りたい!

早く、プロジェクトマネージャーになりたい!!

焦ってはいけません!

そんな浅はかな知識では…

就活で業界研究不足が見抜かれる

でも、ざっと目を通して、なんとなくの理解でOK!

この6つを上から順に簡単に解説します。

  • ①要件定義
  • ②プロジェクト計画
  • ③設計
  • ④開発
  • ⑤テスト
  • ⑥リリース

①~⑥のぞれぞれを「開発工程」と呼びます。

全体の期間は、案件・プロジェクト規模によって、大きく変わってくる。

最短で1か月、大企業の数十億規模になると3年かかる場合も。

SEの仕事とシステム開発の流れ

では、ざっと読み流して下さい。

あとで、誰が何をするかを解説するので…

雰囲気が掴めればOK!

開発工程①:要件定義

「システムに求めること」を決める。

✔システムを作る目的
→業務の効率化、新サービスの開始
✔システムを使う人
→全社員、特定の部署、顧客
✔システムを作る効果
→いくら経費削減するか
→いくら収益をあげるか

開発工程②:プロジェクト計画

「システムをどうやって作るか」を決める。

✔プロジェクトの体制・役割分担
→だれが、どの工程で、なにをやるか
✔プロジェクトの計画
→どの工程にいつから、何日かけるか
✔プロジェクトの予算
→なにに、いくら使うのか
→人件費、ハードウェア

開発工程③:設計

「システムに実装する機能と情報」を決める。

✔画面
→デザイン、入力・表示情報
✔処理ロジック
→検索方法、計算方法
✔データ構成
→種類:「顧客情報」「店舗情報」
→中身:「氏名」「住所」「電話番号」

開発工程④:開発

「システムを構成するプログラム」を作る。

✔コーディング
→ソースコード生成、文法エラー除去
✔プログラムテスト
→設計した通りに動くか
→与えた情報を正しく出力するか

開発工程⑤:テスト

「設計・要件通りに動くかテスト」をする。

✔システム機能のテスト
→「設計」した機能になってるか
✔業務のテスト
→「要件定義」した条件を満たせるか

開発工程⑥:リリース

いよいよ「システムをユーザーに納品」する。

✔リリース作業
→プログラムを本番サーバに配置
→初期設定・データをセットアップ
✔業務利用開始
→社内ユーザーの業務利用開始
→社外顧客のサービス利用開始

システム開発の役割分担

SEの仕事の役割分担

システム開発には、必ずこの3人の人物が登場。

  • ユーザー
  • SE
  • PG

1人ずつ簡単に紹介。

ユーザー:主戦場は「①要件定義」

最初に全力投入してもらう

最初にシステムに求めることを明確にしないと…

プロジェクトは失敗する可能性大!

あとは最後の⑥リリースで…

安全に新業務やサービスを開始する重要な役割も!

SE:①~⑥全ての工程を推進

全体をリード推進していく立場

腕の見せ所が…

②プロジェクト計画
③設計

ここは、ユーザーもPGもあまり助けてくれない。

みずからの実力の見せ所。

PG:主戦場は「④開発」「⑤テスト」

基本的には、開発に全力投球!

あとはこのあたりも。。

「③設計」のうち、プログラム設計はPGが担当。

SEが決める画面デザインを、プログラムに落とし込む設計。

「⑥リリース」では、手順書を作って作業を実施

役割分担の具体例と分担表のまとめ

ユーザーは、社外のお客さまの場合も。

その場合、そのお客さまにサービスを提供する部署がユーザーに。

例を挙げると、証券会社で顧客が利用するオンライン取引システムを作ることに。

この場合…

  • SE:証券会社のシステム部や開発子会社
  • PG:SIer企業
  • ユーザー:証券会社のオンライントレード部

このような体制に。

最後に各工程の役割分担を表でまとめると。

ユーザーSEPG
①要件定義◎:主戦場〇:引出し役×:出番なし
②プロジェクト計画〇:自分の計画◎:主戦場×:出番なし
③設計△:画面決める◎:主戦場△:内部設計
④開発×:出番なし△:管理◎:主戦場
⑤テスト△:業務のみ◎:主戦場〇:実行部隊
⑥リリース〇:業務開始◎:主戦場〇:実行部隊

このように、誰もが主役となる場面がある。。

SEの各キャリアパスの仕事内容

キャリアパス①:プログラマー

これは、分かり易いはず。

前の章で説明したPGの役割分担そのもの。

開発工程だと…

「④開発」「⑤テスト」が中心

わたしの場合は、1年目にみっちりやって、PGのキャリアを終了。

早く次のキャリアパスにいきたくて卒業を志願。

設計者、開発チームリーダーになりたかった。

PGのキャリアパスの年数は、業態によってかなり違う。

社内SEだと全くやらない人もいる。

SEって呼べるのか疑問だけど…

いきなり、パートナー会社の上に立つ。。

独立系SIerだと、最低5年くらいはこの立場。

小規模のソフトウェア会社だと…

ずっとこの立場の人もいる

課長になってもコーディングしてる人も。

フリーランスも同じく、ずっと開発だけやる人も。

キャリアパス②:設計者、開発チームリーダー

この立場、このキャリアパスから、ようやくSEと呼ばれる。

SEの前半戦!

ある程度の規模の開発を、担当する。

開発工程でいうと「③設計」中心に

コストの規模感でいうと、数千万円の案件。

比較的小さな案件ならば…

トップにたって全行程を推進

開発メンバーを率いるようになる。

こんな業務が発生してくる。

  • 設計の指示
  • 作業の進捗状況を管理
  • 開発の課題を解決

あと、ユーザーとの調整力が必要になる。

キャリアパス③:プロジェクトマネージャー

このキャリアパスからは、SEの後半戦。

数千万円から数億円の案件を…

全行程において全責任をもって推進

プレイヤーとして力を発揮するのが、いわゆる上流工程。

開発工程で言うと…

  • 「①要件定義」
  • 「②プロジェクト計画」

この段階で、これらがプロジェクトの成否を分ける。

  • ユーザーから要件を正確に引き出す
  • 費用対効果の妥当性を検証
  • 責任と分担が明確な体制作り
  • 無理のないスケジュール作り

そして、マネージャーとして、プロジェクト管理のノウハウが必要に。

  • タスク進捗管理
  • ヒト、モノ、カネの調達管理
  • コスト管理
  • リスク管理

業種・業態によっては、この立場にならずにキャリアを終える。

  • 独立系SIer
  • 小規模ソフトウェア会社
  • フリーランス

キャリアパス④:部課長

これが最後のキャリアパス。。

わたしがたどり着いた、SEの成れの果て

もう特定の案件、プロジェクトではなく、組織管理に徹する。

勤怠管理とか、予算管理とか。。

はい…

つまらないので、やめちゃいました

でも、ここからが最高なんでしょうね

各プロジェクトは、部員課員が推進してくれる。

会社行って寝てればいいだけ

はい…

本当に、ほとんど寝てました。

ということで、以上となります。

ちょっと色々と説明しきれなかったので、また別記事で。。

就活頑張ってるみなさんへ!

SEという仕事を少しでも理解し、興味を持って頂けたなら嬉しいです。

この記事の内容を元に、もっと知りたいこと、聞きたいと思うことを、考えてみて下さい。

そして、面談・面接で積極的に質問してみて下さい!

– END –

コメント

タイトルとURLをコピーしました