早朝出勤で仕事を早く終わらせよう!【30代大企業課長の成功体験談】

仕事/会社
こんな人に こんなことを!
  • 早朝出勤で他人に差をつけたい人へ!
  • わたしが実践した方法を教えます!

こんにちは!たけしです。

著名なブロガー、YouTuberが度々発信している。
「早朝出勤」「朝活」!

勉強、読書、ブログ。
本業以外のことをおすすめしている人が多い。

彼らと同じことを書く気はない。

会社員にのみ17年、身を捧げたわたしが…
「早朝出勤」「朝活」で得られたことを惜しみなく!

効果は間違いなく絶大!

これを読んで実践すれば圧倒的な差が!

でも、自分の生活リズムを大切に。。

【関連ガイド記事】仕事を効率化するための完全ガイドをご用意しています。よろしければ合わせてお読み下さい!

早朝出勤で仕事が「早く」「楽に」「確実に」終わる

早朝出社がおすすめのシンプルな理由!

誰にも邪魔されない唯一無二の時間帯が早朝!

まずとにかくこれ!

これだけは紛れもない事実。
日中はとにかく邪魔が入る。。

問答無用に電話がくる。
自分の悩みが解決するまで拘束し続ける。
そう、時間テロリスト

意味のない会議。
そしてその準備。

残業したところで、残っている人は多い。
飲み会に誘われることも。

早朝はこんな邪魔は一切入らない

もちろん上司をはじめ、早朝出勤組もいる。
でも、同志なのでそうそう邪魔してこない。

もう一つ早朝に仕事をするメリットがこれ。

日中仕事が終わらなかった時
残業が、切り札として残ってる

毎日限界まで残業し続けている人。
こんな負のスパイラルに陥っている。

①日中仕事終わらない

②残業限界までやる、でも終わらない

③翌日に仕事を繰り越す

④次の日、朝起きられずギリギリに始動

⑤げっ!今日絶対やらないといけないことが
それに加えて昨日繰り越したことまで・・

①に戻る

これを解消するのが、早朝出勤!

そして、困った時の切り札としての残業。

早朝は上司の許可が心配・・・
残業代は出が出ないと、、という若手社員もいるかも。

法律的には、朝でも夜でも規定時間を超えた業務
それは残業代として会社に請求できる!
上司や人事部に相談してみよう。

モーレツ社員が早朝出勤で早くすべき仕事【体験談】

モーレツ社員は早朝出社でこれをやれ!間に合わなければ夜もやれ!

ここからは、わたしが早朝出勤でうまく結果を出せた役職別の事例を紹介!

20代、管理職ではなかった時、金融機関の本社営業本部に在籍。

当時同じフロアに200名程度勤務。
わたしは、毎日、一番乗りで出勤!

  • 6時ジャスト出勤
  • 3年間、毎日4時に起床
  • 4時50分の始発に乗車

余談ですが、毎日、私の次に毎日来ていたのが。
フロアのボス、本部長、常務執行役員!

いきなりこれを始めた訳じゃない。
作業時間を確保するために、徐々に出社が早く…

  • その時の所属は営業本部
  • 数千人の営業員をサポート
  • 日中は電話がひっきりなし

そんな状態で、数十億得円規模の業務改善プロジェクトを命じられることに。

金融機関なので、とにかく資料を作って、上司→関連各部のメンバー→各部門長→各役員

のように順を追って、説明・調整していかないと物事が何も進まない。

まず立ちはだかるのが、上司。かなりの曲者(笑)

そこで、わたしが毎日、早朝出勤でやったのがこれ!

  • 必ず6時~9時までの3時間一本勝負で成果物を1つ作る
  • 9時になったら、それをひるむことなく上司にぶつける

成果物は、基本的にWordかExcelの文書。
会議に使うもの、分析結果を纏めたもの。

9時までに作成して上司にぶつける。
そのあと、内容の修正、次の動きに繋げる。。

これはもう時間切りの3時間一本勝負。
いまいちでも途中でも9時になったらぶつける!

  • 玉砕してもいい!
  • だって、まだ丸1日あるから
  • 午前中に修正して午後一でまたぶつければいい

それでも駄目なら夕方。
最悪、夜残業してやればいい。

でも夜残業は逆にほとんどしてない。
19時までには必ず帰宅。

朝一でひと勝負しておけば、巻き返しの余地はいくらでもある!

自分で言うものなんですが、その上司にはよく評価された。プロジェクトも成功。

管理職に出世したのも。これを継続していた後半。
ということで次は管理職編!

管理職が早朝出勤で早くすべき仕事とやるべきじゃないこと【体験談】

管理職は早朝出社してこれをやれ!そしてこれをやめろ!

モーレツ社員時代ほどではないですが、ここでもわたしは早朝出勤を。

と言っても、もう勢いを失いかけていたので、7時くらいの出勤。

電車通勤から徒歩通勤に切り替えていたので、日によって若干出勤時間にブレはあり。

さて、本題。では、なぜ管理職が、早く出勤した方がいいのか・・・それは。

部下やメンバーと逆のサイクルで仕事した方が圧倒的に効率がいい

部下やメンバーのサイクルは、基本的に夜型なことが多い。

若手会社員は、残業代がないと暮らしていけない。
だから自ら好んで残業をすることが多い。

大抵の場合。
その日の目標の成果物を完成させて、帰宅!

残業で疲労したメンバーが、次に出社してくるのは。
翌日の朝ギリギリ。

管理職が成果物をチェックしてあげておけば。
メンバーは即修正に入れる!

OKであれば、朝から次の仕事に移れる!

管理職が、メンバー出勤前に終わらせておくこと・・・

  • 前日メンバーが作成した成果物を確認!
  • 次の行動への指示を与える!

まだメンバーが出社していない時間は、当然メールがいい。

朝から一人ずつ呼び出すなんて最悪

はい、普通に嫌われる。

で、これをやらないと、どうなるのか。

成果物作成が完了している日の翌日午後に指示を出すことになる。

メンバーからすれば半日無駄。

その成果物が正しいと思い。
焦ってとった次の行動が全部無駄になることも。

あるいは、翌日以降。
その成果物確認のための打ち合わせなんかしてたら、もっと最悪。

時間と場所の調整から、打ち合わせに使う時間。
全部無駄。というか嫌がられる。

打ち合わせが必要な場合もある。
でも、できるだけ、出社前に見て指摘してあげるが理想。

朝早く来た分、夜はさっさと帰る!

これがもの凄くメンバーからは喜ばれる。

逆に、絶対やってはいけないのが、これ!

  • 自分も残業をしてメンバーが成果物を完成させるのを待つ
  • 完成後、当日夜に駄目出し

もう最悪、、でも実際いる。

だから当然この逆が喜ばれる。

管理職は朝早くきて、メンバーのためにその日やるべきことを終わらよう。

そういう意味では、勤怠や経費の管理業務等も、さっさと朝のうちに。

そして、日中はメンバーからの相談にさわやかに気持ちよく応じる!

予期せぬトラブルが起きた場合、自らが率先して解決する。

そんなことに時間を使うようにしよう!

【関連ガイド記事】仕事を効率化するための完全ガイドをご用意しています。よろしければ合わせてお読み下さい!

– END –

コメント

タイトルとURLをコピーしました