仕事のスピードと質どっちが優先?【スピードが圧倒的勝利なワケ】

仕事/会社
こんな人へ、こんなことを!
  • 圧倒的なスピードで成長した若手ビジネスパーソンへ!
  • ついでにその上司のみなさんへ!

こんにちは!たけしです。

わたしはなんとか30代前半で、大企業の課長になれた。

理由は、圧倒的なスピードで失敗を繰り返したから!

この記事では、若手会社員に大切にしてほしい、これらのことを説明します。

  • 仕事における「スピード」の重要性
  • 仕事では「スピード」が「質」を圧倒的に上回ること
  • 圧倒的に成長には「スピード」を上げて経験するしかない

このことは、書籍などでも論じられていること。

だからこそ、会社員が何度も、同じ過ちを犯し、この基本的なことを忘れてしまう。

改めて、あなたの仕事の仕方を振り返りながら考えていきましょう。

わたしの実体験と実経験を踏まえて、いかに「スピード」が大切かを解説します。

【関連ガイド記事】仕事を効率化するための完全ガイドをご用意しています。よろしければ合わせてお読み下さい!

会社員の仕事は「スピード」が「質」を圧倒的に上回る

クイックレスポンスでスピードを上げるだけで劇的に結果が変わる!

誰もが、中途半端なもの、自分が納得していないものは、上司や他人に見られたくない。

そこで特に若手社員が陥りがちなのが、質、クオリティに、必要以上に拘ってしまうこと。

でも、大抵の場合、それは自己満足にすぎない。

若手社員が勘違いし易い、こんな例えを挙げて考えてみます。

あなたが、上司にある資料を作成するように指示されました。

1週間くらいを目途にと・・・

この3つ、どれが一番いいと思いますか?

パーセンテージは、資料の「質」への自己満足度。

  • ケース1:指示された翌日に20%の質で提出
  • ケース2:3日後に60%の質で提出
  • ケース3:1週間後に80%、いや!自分的には100%の質で提出

はい。スピードを重視したケース1。

仕事の「スピード」を最大限重視したケース1が正解な理由

これら全てにおいて、ベスト!

  • 上司への貢献
  • 自身の成長のスピード
  • 成果物の期限順守

報告のスピードは、早ければ早いほどいい。

ケース1は極端な話、0%の白紙でいい。

その時点で、少なくとも、これが上司に伝わる。

あなたが何をすればいいのか、全く分からないこと

それが早い分、ケース2、3より遥かにマシ!

そこで、こういう方向性で、と具体的な追加指示があるでしょう。

文章の目次や整理・記載内容のイメージが授けられる。

あ、、すみません、この時点で、ブチ切れられた場合は転職検討を・・・(笑)

そこから、20%→40%→60%→80%と、日々報告と修正を繰り返せば…

1週間後には形になる。結果的に最短スピード。

若手のうちは、上司の満足度なんて絶対100%に達しない。

でも全く気にしなくていい。

最後上司が、「あとはおれが直しておくよ」と言って結構直されることも。

それも全く気にしなくていい。

上司が一から全て自分で作るより、かかる時間は少ない
それが、若手にできる唯一の貢献

1円も稼げないうちは、上司の時間を少しでも削減するのが貢献。

仕事の「スピード」が遅いのに「質」にこだわったケース2と3がダメな理由

「スピード」より「質」を重視しても結果的に「質」が劇的に下がる

再度、さきほどの事例。

  • ケース1:指示された翌日に20%の質で提出
  • ケース2:3日後に60%の質で提出
  • ケース3:1週間後に80%、いや!自分的には100%の質で提出

ケース2とケース3は何がいけないか。結果どうなるか。

まず、若手社員の自己満足度は、どんなによくても初回提出なんて約6割分はマイナス。

最悪どんなに頑張っても0%、つまり根本的なところから大きく勘違いしてるケースもあります。

ですので、現実は・・・こんな感じなります。6割減なので大体0.4掛けてみると。

ケース2:3日後に60%のクオリティで提出→現実…上司からすると25%のクオリティ

ケース3:1週間後に100%のクオリティで提出 →現実…上司からすると40%のクオリティ

もうお分かりですよね。。

事前に伝えられた1週間という期限に対しては、巻き返し不可能。

優しい上司あれば、期限をもう1週間延長してもらえるかも知れない。

そうなると、あなたは同じ成果を出して、同じ成長を得るのに、ケース1より追加で1週間が必要。

1週間無駄にした

せっかちな上司に、こう言われたら最悪。

「あ、、もうあとはおれがやっておくよ」

自分の時間を無駄に使ったことはまだしも、上司の時間も無駄に。

そして、このケースで、もっとも恐れなくてはならない、大打撃が実はこれ!

仕事の成果は時間が経つと「質」=「価値」が劇的に落ちる

「一日かけて高める価値」より「一日経つことで下がる価値」の方が大きい!

上のケースでさらに重要なこと、知っておかないといけないことが。

仕事の成果、主にビジネスドキュメントの質。

必要とされる時点で「質」=「価値」が大きく変わる。

内容が一言一句全く同じであっても…

私たちが触れる機会がある代表例が、ニュース記事。

今日のニュースを、綿密な取材内容を盛り込んで1週間後に発表することも、ある。

でも、普通は、最低限の事実関係を整理して、当日の夕刊、翌日の朝刊に出す。

逆に、速報で出した内容の価値を100とするなら、全く同じ内容なら1週間後の価値はほぼ0。

だから、追加取材をして、より価値を高めて、後日読者に提供してる。

話を前の例に戻すと、ケース1~3の話し。

ケース1と全く同じ内容のものが、ケース2、3では、その1週間後に出来上がったとします。

これはもう同じ価値を持つものではない。

もちろん内容にもよるけど、ものによっては価値が7割とか8割下がる。

最悪無価値になったり、マイナスまで落ち込むことも

マイナス?さすがにないでしょ…と思うかもしれませんが、いや普通にある。

例えば、こんなケース。

ある事業の業績が悪化しているため、担当部長が経営陣に報告を求められた。

そこで、担当部長は、1か月かけて、綿密な数字を揃えて具体的な対策案を、びっしりと100ページの資料を作成して報告。

わたしが報告を受ける役員だったら、ふざけんな!

と怒って。左遷するかもしれません。

3日後に、3ページの資料、いや翌日に一枚ものの資料で速やかに報告すべき。

報告の価値は、もたもたしていると、すぐにマイナスフェーズに入る。

とにかくスピードが命!

大抵の場合、「一日かけて高める価値」より「一日経つことで下がる価値」の方が大きい!

若手社員に必要なのはとにかく「経験」!だから「質」より「スピード」

失敗する「スピード」と「量」を極限まで高める!

ビジネスの世界に最初から5年目や10年目の社員に対抗できる天才なんて絶対いません。

どんなに高学歴で将来有望の若手だろうが、それは同じ。

失敗を繰り返すことでしか成長できない。じゃあさっさと失敗しましょう。

失敗という経験をとにかく多く、早く繰り返している人が成長します。

そのスピードと量が大事。

たまーに成功する経験もあります。いや、失敗をさっさと繰り返してると結構増えてきます。

でもそれに甘んじることなく、思う存分喜んだら、また次の失敗に挑戦しましょう。

これによって、2年目で、5年目の社員に追いつくことくらいなら、なんとかできる。

あとは上司への切実なお願い!部下・メンバーに何度でも大きな失敗させて下さい。

あなた達は、散々失敗を繰り返して成長してきましたよね。

なぜそれを彼らには遠慮してさせてあげないんでしょうか。ズルいです。

失敗の結果を含めて予測・管理・フォローをした上で、失敗をさせてあげて下さい!

【関連記事】部下や後輩を持ち始めた方への記事を用意しています。よろしければ合わせてお読み下さい!

【関連ガイド記事】仕事を効率化するための完全ガイドをご用意しています。よろしければ合わせてお読み下さい!

– END –

コメント

タイトルとURLをコピーしました